学校が進化しない間に独学で勉強できることはとてつもなく増えた

Amazonの存在

Amazonは元々本屋だそうです。そのせいか分かりませんがAmazonで買える本の種類はとてつもなく多いです。日本のほとんどどこからでもレビューを見ながら欲しい参考書を探せる時代になりました。

英語圏で増える無料オンライン講座

英語圏ではオンライン講座が凄いです。欧米は大義が大好きで、知の共有という大義の下出血大サービスで様々な講義が展開されています。特にIT系でその傾向は強いらしく、検索エンジンで有名な某企業の技術者や、超有名大学の講師などが参加しており、そのクオリティは折り紙つきです。

Webという最強の資料集

Webは最強の資料集です。特に最近はGoogleの検索精度も上がり、ほしい情報をパッと持ってこれることは多くなりました。教科書のように学習の筋道は示してくれませんが、かなり心強い味方であることは言うまでも無いでしょう。

図書館

オーソドックスな方法ですが図書館も独学の強い味方です。気になったタイトルの参考書を手に取り、パラパラめくって中身をしっかり確認しながら品定めすることは書店ではできませんし、気に入ったら借りると言うことも書店ではできません。そもそもお堅い本は図書館の方が沢山置いてあります。

学校の授業は相変わらず進歩しない

年々レベルの高い独学ができるようになっていると感じますが、学校の授業は相変わらずですね。基本的には進歩が無い。前で喋ってる教師が居て、生徒は机にノートを広げて板書を写すか、配られたレジュメを埋めるかしています。たまに寝てる生徒が居て、そんな感じです。恐らくずっとそんな感じなんじゃ無いでしょうか。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)