日本の研究者が量産可能な太陽光パネルでモジュール効率26%を突破、新記録

日本の研究者が量産可能な太陽光パネルでモジュール効率26%を突破、新記録

日本のカネカ株式会社の研究者が、量産可能な太陽光パネルでモジュール効率26.6%を達成したようです。シリコン系太陽電池は理論変換効率が29%辺りにあると言われていますが、それに大きく近づくことになりました。

モジュールに使用されたセルはアモルファスシリコンと結晶シリコンのハイブリッドで、薄膜ヘテロ接合と呼ばれる技術が用いられているようです。

測定は180.4cm^2の指定面積で行われたようです。

高効率なシリコン太陽電池で再生可能な電気を市場に展開する

太陽光発電協会によると、もしも地球全体に降り注ぐ太陽光のエネルギーの総量は世界のエネルギー需要をはるかに凌駕するようです。

もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなうことができるほど巨大なエネルギーであり、しかも、枯渇する心配がありません。
http://www.jpea.gr.jp/knowledge/whynow/index.html

この膨大なエネルギーを人が広く利用している電気エネルギーに変換する研究は、非常に夢のある研究だと言うことが出来ます。

カネカ株式会社の研究チームはこのように語っているようです。

「シリコン太陽電池の変換効率を向上させることは、再生可能な電気の展開を促進する上で必要不可欠です。この結果はシリコン太陽電池の高いポテンシャルを裏付けています。」

ソース

http://www.sciencealert.com/researchers-have-broken-the-record-for-solar-panel-efficiency-again

http://www.nature.com/articles/nenergy201732

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)