アメリカ、アリゾナ州の公道でテスト中のUberの自律型車両が現地時間の金曜夜に事故

アメリカ、アリゾナ州の公道でテスト中のUberの自律型車両が現地時間の金曜夜に事故

アメリカ、アリゾナ州の公道でテスト中のUberのSUVが現地時間の金曜夜に事故を起こしたようです。この事故で重症を負った人は居ないようです。

Uber SUVは事故当時自律モードで作動していたようで、事故の原因は調査中とのことです。

自動運転の安全性に対する疑問はますます高まる

自動運転の安全性に対する疑問はますます高まるでしょう。Business Insiderでは、この事故はますます多くの車を公道に放つUberに、自家用車試験を中断を考えさせる重大な事故だと語られています。

Uberの勢いにも陰りが

Airbnbと共にシェアリング・エコノミーと言うバズワードを生み出したUberですが、その勢いには陰りが見えています。

UberはGoogle擁するAlphabet社参加のWaymoによる訴訟に巻き込まれています。Uberが同社の光検出(LIDER)システムを盗んだとする訴訟で、Uberによる自動運転技術の使用を凍結するように求めています。

またエンジニアであるSusan Fowlerが告発した、同社で起きたセクシャル・ハラスメントとその対応を問題視する声も上がっています。カリフォルニア州サンフランシスコのスタートアップとしてかつてない急成長を成したUberですが、急成長したが故なのか、現在様々な課題が明らかになっているようです。

ソース

http://www.businessinsider.com/self-driving-uber-gets-in-accident-in-tempe-arizona-2017-3

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)