デスクトップPCの中古やジャンク市場の価格破壊

デスクトップPCの中古やジャンク市場の価格破壊

かなりスペックの高いPCが中古市場に出回っているようです。

ジャンクワールド
\"\"

こちらのサイトは昔からよく眺めていたサイトです。昔はcore 2世代だと10000円程度していましたが今では4000円を切っています。最新のマシンのスペックが上がって相対的に価値が下がったとは言え、Core 2世代はLinuxを走らせれば爆速で動き、当時重いと話題だったWindows 7も実用的な速度で動いてしまうスペックです。

現在の中古市場は「最低」でもCore 2世代

当然更にスペックの高いPCもあります。CPUパワーを考えてみましょう。Core i5シリーズ3000番台なんて以下のPass Markで6000台を叩き出しています。それが20000円ちょっとで販売されていました。

PassMark – CPU Benchmarks – List of Benchmarked CPUs

Pass Markとは情報系が参考にする世界最大級のベンチマークサイトです。

参考までに私は軽量Linuxマニアですが、Pass Markスコア3桁のCPUでディスクは8GBのUSBディスク、メモリはDDR2 1GBシングルチャネルという構成を一時期常用していました。当然Core i3やCore i5の2000番台3000番台では爆速で動くでしょう。

オーバースペックなハイスペックCPUは要らない

これは経験上の話ですが、用途に対してオーバースペックなCPUを使っている人は大したこと無いです。個人でウルトラハイスペックなプロセッサが必要なシーンなんてゲーム、4K動画制作編集、重い音源を使ったDTM、Androidのビルド、3DCGのプロフェッショナルレベルのレンダリングなどごく限られたプロ向きの用途だけです。それ以外はディスクがSSDかどうか、メモリが足りているかがキモになります。

デスクトップPCは寿命が長い

中古PCで注意すべき点ですが、ノートPCはまともにバッテリーが動かないものが多いです。互換バッテリーが売っているかどうかを調べてから買うようにしましょう。あと省スペースなPCは互換性の無いパーツを使用している場合があるのでおすすめはできません。上のサイトでは最大サイズのものが互換性を考えた時にベストなサイズです。

Windows7のマシンは10にアップグレードできる

中古PCのスペック相場が上がった一方で、Windowsは軽くなっています。特に起動速度は8、10と順調に改善し、十分な速度が期待できると思います。中古PCでも最新のOSが乗ってサポートが付いて来るなんて最高だと思いませんか。

ハードディスクは高確率で弱っているので、SSD換装が吉

これも若干古い発想かもしれませんが、昔はハードディスクの寿命は3年と言われていました。今は技術の進歩でもっと持つそうですが、パフォーマンスをさらに上げるためにOSはSSDを新規に購入して入れましょう。CPUなどのチップの寿命ですが、これは熱に依存します。ビジネスユースで熱を持つ用途はあまり無いので、ビジネス向けっぽいPCはハードディスク以外で故障しそうな場所が無いです。寿命を考えるのはハードディスクだけでいいでしょう。
Linuxを載せるのであれば2GBもあれば十分ですが、Windows7を動かすのであれば4GB欲しいです。Windows10は軽いので2GBでも十分動きます。

一台どうですか

デスクトップPCを買う理由は様々ありますがタブレットとスマホしか持っていない人にはぜひ買って欲しいですまず画面が広いです。インチ数は対角線の距離なので、5インチと10インチではざっくり4倍、5インチと20インチではざっくり16倍表示スペースが違うことになります。何かを検索したりするの時の効率が段違いです。また、もしwindowsの十分なスペックのノートPCを持っている場合はLinuxネイティブマシンとして買ってみるのもありだと思います。最初はUbuntuやその派生OSを使ってみましょう。おすすめはハイスペックマシンにはオープンソースのクリエイティブなソフトを詰め込んだUbuntu Studio、Core 2ならXubuntuです。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)