便利なライブラリを使うことは恥じるべきことなのか

熟練したプログラマの中には標準ライブラリから全て自分で実装していくべきという人がいる

私には信じられない感覚ですね。オープンソースの便利なツールやライブラリを使うことは推奨されるべきことだと思います。

プログラマの第一義はきちんと実装することだ

まず第一に自分で全て作った場合同じだけの洗練されたインターフェースを持ったソフトウエアを作れるでしょうか。同じだけ多機能なソフトウエアを作れるでしょうか。前時代的なプログラム規模ならば実装を全て把握するためにそういったこともしたかもしれませんが、現在のプログラム規模を標準ライブラリから全て実装できる人などいません。

人的ミスによるバグはオープンソースのコードと自分が書いたコードでどちらが多くなるか

自分で書いたものの方がバグが多くなると考えています。人気のあるライブラリならかなりのテストが必然的にこなされていますし、自分がバグを出さない技術があると言うならプロジェクトをフォークしてバグを修正したものをオープンソースで上げるべきです。

オートマが出てきた時のオートマは危険だと言う論調に似ている

オートマ黎明期には自分で操作できない分オートマは危険だという論調があったかと思います。結局優位な差は無く、今では逆にミッションが危険だと言う論調さえあるそうです。新しいものに対して危険性を煽るという行為は様々な場面で繰り返されて来ましたが、自分で書かないと予測できないバグが出るかも知れないだろうという論理もその一つでは無いでしょうか。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)