Arch LinuxはクールなLinuxディストリビュージョンか

最小構成から独自に組み立てるLinuxの王道

Arch LinuxはLinuxの王道を行っているディストリビュージョンだと思います。インストールメディアにはOSとして最小限のパッケージのみが入っていて、必要なソフトはユーザーがインストールします。一部から熱狂的に支持され勢力を拡大していて、ユーザーコミュニティーによるArch wikiの情報量は目を見張るものがあります。

恐らく語る立場に無い

私はLinux Mintを愛用しています。おそらくArch Linuxを支持している人たちとは対局に居るでしょう。私は手間は出来るだけ省きたい性分ですし、パワフルなOSが好きです。私がArch Linuxを語ったところで、反感を買うだけのような気がします。何せArch Linuxの支持者は熱狂的ですから、私は多くは語らないことにします。

Arch Linuxで軽量環境を作ろうとしたことがありますが、メモリ使用量の少なさでUbuntuのcoreパッケージからビルドされているLinux beanを超えることが出来ませんでした。Arch Linuxは確かに軽量でシンプルなOSですが、様々なチューニングがされたGUI前提の軽量Linuxを超えることは簡単では無さそうです。だったら高機能なインストーラを含んでいるUbuntu派生のLinuxディストリビュージョンを使いますし、サーバー用途であればcentOSを使うので個人的には出番の無いディストリビュージョンです。

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)