Android開発環境にLinux Mint Cinnamonを採用した理由

どうせなら最小限のカスタマイズで済むLinuxを

カスタマイズ自体が好きな人も居ますが、私は自分が好きになれる外観を作れればそのオリジナリティなどは意に介しません。最初からベストな外観なLinuxディストリがあればそれを使いたいです。そんな基準で選んで最終候補に残ったのはLinux MintとKona LinuxのCinnamonエディションです。

Windowsは好きじゃない

Windowsは優秀と言えば優秀です。確かにバグなどが発生する頻度はWindowsでは少ないです。安定していると言えるのかもしれません。しかしカスタマイズが効かないのとLinux系のプログラミングに便利なツールを使う時に無駄にリソースを食うことは私は我慢できませんでした。例えばフォント1つとっても最新のWindows10ではシステムフォントを変更出来ないようにしています。Windowsはユーザーにカスタマイズされたく無いようです。

Kona Linuxではハードウエアとのやり取りで暴走

少し古いPCでメモリを増やして作る開発環境なんですが、このPCはAMDのデュアルグラフィックスという少々特殊なハードウエア構成をしています。正直原因を特定するのもダルかったので確かなことは言えませんが、ハードウエアとのやりとりでバグがあり、異常動作してしまいました。というわけでLinux Mintを試してみることにしました。

Linux Mintは安定感もあって何よりテーマが好み。

ダークなテーマに変更したLinux Mintは私の好みの外観になりました。決め手は見た目です。後から知ったのですが、Linux Mintは欧米を中心にとても人気のあるディストリビュージョンだそうで、4番目に多く使われているOSだそうです。多く使われているということはユーザーコミュニティが活発であるということなので、OSについて得られる情報が多いと言うことです。しかもLinux MintはUbuntuベースで、高い確率でUbuntuの情報も活用できます。何かエラーが起きた時も安心ですね。

一番長い時間触れるものなのだから外観を重視したい

Linux上級者の方には外観で決めることに否定的な意見もあるでしょうが、私は外観はユーザビリティにかなりの影響を与えると思っています。PCを長く触るのですからPCを触る時間を楽しいものにしたいです。そのために良い外観を持つディストリビュージョンを使いたいです。

MATEで無くCinnamonである点もユーザビリティを重視するためです。細かいことですが開く時のアニメーションやウィンドウの丸みなど全体的に洗練された印象を与えるデスクトップ環境は重要だと考えています。そのために少々メモリを食うことは意に介しません。CinnamonはGnome3をベースに開発されていますが、その外観はGnome2風だと言われています。私は比べてみてCinnamonが好みでしたがGnome2ベースのMATEとは確かに良く似ています。

Ubuntu LTSベースのLinux Mintはサポート期間も長い

UbuntuはセキュリティーアップデートがしっかりしたLinuxです。その派生LinuxであるLinux Mintもその恩恵で良いサポートが受けられます。この点もLinux Mintの嬉しい点ですね。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)