Glibcに新たなFMA最適化関数が追加

GNU C Library、glibcにFMA最適化バージョンの関数がいくつか追加されました。このFMA命令セットには、Intel系のCPUではHaswellから、AMD系ではPiledriverから対応しています。追加された関数は以下の通りです。

  • powf()
  • logf()
  • exp2f()
  • log2f()

  • Skylake下での改善率(SPEC2017)

reciprocal throughput latency
powf() 29% 24%
logf() 16% 22%
exp2f() 16% 18%
log2f() 17% 18%

この最適化はH.J.Lu氏によってなされ、glibc 2.27で適用されるようです。

関連記事

AMD製品に最適化されたC/C++コンパイラAOCCのベンチマークが公開、最適化は微妙か

ソース

https://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=GLIBC-FMA-POWF-LOGF

https://sourceware.org/git/?p=glibc.git;a=summary

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)