Microsoft Azure向けにCoreOS Tectonicの安定版がリリース、ベンタ・ロックの無いクラウドへ

Azure向けのTectonicが安定版に

CoreOSはKubernetesベースのコンテナ・マネジメント・プラットフォーム「Tectonic」がMicrosoft Azureを正式にサポートしたことを発表しました。これまでCoreOS Tectonicはベアメタル・サーバ、AWSをサポートしていましたが、そのサポート・リストにAzureが加わることとなります。

これにより、ベアメタル・サーバ、AWS、Azure間でのマルチ・クラウドで、単一の管理ツールを使用することが可能となります。クラウド・マネジメント・プロバイダーRightScaleによると、現在85%の企業がマルチ・クラウド戦略を採用しているようです。Tectonicによってベンダ・ロックなしで様々なベンダの提供するクラウド・サービスを利用することが可能となりました。

CoreOSとMicrosoftのコラボレーション

CoreOSのTectonicプロダクトマネージャー、Rob Szumski氏はこう語ります。

“This major release of Tectonic and stable release on Microsoft Azure is an important step to deliver on the promise of multi-cloud, making infrastructure and operations more efficient and scalable,”

「Microsoft Azureにおけるテクトニクスのこの主要リリース、及び安定版リリースは、マルチクラウドの約束を実現するための重要なステップであり、インフラストラクチャとオペレーションをより効率的かつスケーラブルにします、」

https://techcrunch.com/2017/08/17/coreoss-tectonic-container-platform-gets-full-support-for-microsoft-azure/

マルチクラウドの約束とはCoreOSのTectonicにおけるミッションのようです。CoreOSの公式サイトのTectonicのプロダクト概要に以下のような記述があります。

Easily manage your infrastructure
Tectonic Console and Tectonic Identity make it easy to effectively monitor and govern usage of the infrastructure across multiple environments, multiple cloud providers, on-prem virtual runtimes, and application teams.

Set up a demo with our engineering team.

https://coreos.com/tectonic/

簡単で効率的で、かつ様々なプラットフォーム上で使えるモニタリング・ツールがTectonicの目指す姿のようです。Microsoft Azureへの対応はこのミッションの達成への大きな一歩と言えます。

Rob Szumski氏は次のように続けます。

“Tectonic on Azure saves you time and money by building your Kubernetes infrastructure correctly from the beginning and speeding up deployment cycles. With the ability to do hybrid cloud deployments, infrastructure leaders have the freedom and flexibility of a platform that does not lock users into cloud compute and cloud services.”

「Azure上で動くTectonicは最初からKubernetesインフラストラクチャを正しく構築し、展開サイクルをスピードアップすることで、時間と費用を節約します。ハイブリッド・クラウドの展開が可能なインフラストラクチャのリーダーは、クラウド・コンピューティングやクラウド・サービスによってロックされないプラットフォームという自由さと柔軟性を手に入れます。」

また、CoreOSのブログによると、Microsoftのエンジニアリング・マネージャー兼アーキテクトのBrendan Burns氏がKubernetesプロジェクトのメンテナとなっているようです。オープン・ソースなプロジェクトを通してCoreOSとMicrosoftは協業していることになります。

追記8/26

ご指摘を受けAzuruをAzureに修正致しました。通りすがりさんありがとうございました。

ソース

https://coreos.com/blog/kubernetes-on-azure-with-tectonic

この協業によってKubernetesとKubernetesベースのTectonicはどれほど加速するのでしょうか。そして、ベンダ・ロックのないクラウドは実現するのでしょうか。今後の動きに注目しましょう。

関連記事

CoreOSのアップデートがCoreOS Fastカンファレンスにて発表され

CoreOSという発明、Dockerに最適化されたサーバーサイドのOS

2 comments

    1. 失礼致しました、ご指摘ありがとうございました。
      今後も間違い等ございましたらご指摘よろしくお願いします。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)