LLVMでARMv8.3-Aの機能が有効化される

LLVMでARMv8.3-Aの機能が有効化される

LLVMでARMv8.3-Aの機能が有効化されたようです。これは初期の有効化(Initial enablement)で、またARMv8.3-Aは以下のような特徴を含んでいるようです。

  • pointer authentication
  • nested virtualization
  • advanced SIMD complex number support
  • improved JavaScript type conversion support
  • changes to the memory consistency model
  • ID mechanism support for larger system-visible caches

The ARMv8.3-A update to the ARMv8 architecture include features pertaining to pointer authentication, nested virtualization, advanced SIMD complex number support, improved JavaScript type conversion support, changes to the memory consistency model, and an ID mechanism support for larger system-visible caches

GCCに続くARMv8.3-Aサポート

GCC7はAArch64をターゲットとした場合にARMv8.2-A、ARMv8.3-Aをサポートし、また以下のコアを正式にサポートしています。

  • Cortex A73
  • Broadcom Vulcan
  • ThunderX CN81xx/CN83xx/CN88xx/CN99xx
  • Qualcomm Falkor

ARMv8に対するオープン・ソース・コンパイラの活動は活発なようで、今後ますます重要なアーキテクチャの1つとなることは確実だと言えるでしょう。

関連記事

ARMスーパー・コンピューターなどで脚光を浴びるCaviumという企業

ScalewayがARMv8ベースのサーバーの価格を引き下げ

台湾InventecがARM64 CPU, Cavium Thunder X2を採用したサーバー・プラットフォーム「Baymax」を発表

ソース

http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=LLVM-ARMv8.3-A

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)