匿名ネット・サーフを実現するFirefoxベースのTorブラウザ7.0がリリース

匿名ネット・サーフを実現するTorブラウザ7.0がリリース

Torブラウザ・チームによって、Torブラウザ7.0のプロダクション・レディー・バージョンがリリースされました。このブラウザはTor 0.3と言うTCP/IPの匿名化方式に対応し、セキュアなネット・サーフを実現します。

Torブラウザ7.0はFirefoxベース

TorブラウザはFirefoxをベースとしています。FirefoxはMPL 2.0というライセンスで配布されるオープン・ソース・ソフトウエアで、Windows, macOS, Linux, iOS, Android, Firefox OSに対応するクロス・プラットフォーム・ブラウザです。

Torブラウザ7.0のリリースが意味するところは、Firefoxにマルチ・プロセス・モード(e10s)とコンテンツ・サンドボックスを導入した環境についてのメジャー・アップデートです。

Windowsではフル機能がまだ使えないらしい

Windows向けのサンドボックスは準備中のようですが、macOS向け、Linux向けのTorブラウザにはe10s、サンドボックス共にデフォルトで有効となっていて、UNIXドメイン・ソケットを使用することによって、さらに匿名性が高められるようです。

関連記事

Linux 4.12にARM64に関するアップデート

BlackBerryとFirefoxOSが撤退、Android VS iOSのシェア争いは? 最近のモバイルOS事情

ソース

http://news.softpedia.com/news/firefox-based-tor-browser-7-0-officially-released-for-anonymous-web-surfing-516279.shtml

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)