クールなLinuxディストリビュージョンはどれか

独断と偏見で考えていきます

Ubuntu

賛否が別れますが、個人的にはクールなディストリビュージョンの一つです。インストーラが分かりやすくハードとの対応で問題を起こすことが少ないディストリビュージョンだと思います。デフォルトで採用されているデスクトップ環境Unityが不評ですので、それ以外のデスクトップ環境のリミックスバージョンを使うことをオススメします。

また、Ubuntuには5年のセキュリティサポートを明言しているLTS版が存在していて、企業の方などには導入のいい理由になるのでは無いのでしょうか。

Ubuntuが気になる方へ:UbuntuはクールなLinuxディストリビュージョンか

Arch Linux

ドキュメントが豊富でローリングリリースというメジャーアップデートの無いリリース形式を採用しています。また最小構成から自分でデスクトップ環境などを構成していく上級者が好むスタイルで、一部で熱狂的な人気となっています。

Arch LinuxはクールなLinuxディストリビュージョンか

Ubuntu Studio

Arch Linuxが自分で全てやるディストリビュージョンであるのに対して、Ubuntu Studioは最初から全部入りのディストリビュージョンであると言えます。オープンソースのクリエイティブなツールは大抵Ubuntu Studioに入っており、音楽制作などのためにレイテンシの小さいカーネルをデフォルトで採用しています。デスクトップ環境はXfceで動作はなかなか軽快です。

Ubuntu Studioが気になる方へ:Ubuntu StudioはクールなLinuxディストリビュージョンか

Linux Bean

Linux Beanは日本製の超軽量Linuxディストリビュージョンです。中古PC再生の切り札を謳っています。嬉しいのは様々なメニューが日本語で使える点と、ほとんどメモリを食わない点です。軽量化のチューニングについては自分ではここまで出来ないと思います。UbuntuベースでAPTが使えるので拡張性は高いです。

Linux Beanが気になった人へ:私が軽量OSで行き着いたのはLinux Bean

Kona Linux

超軽量Linuxの一つです。名前はハワイの高級コーヒー豆銘柄のKonaから来ています。デザインが好きです。古いPCとマッチする落ち着いたデザインだと思います。DebianベースなのでAPTが使えまし、ソフトウエアセンターとしてアプリケーションのブラウザが用意されています。

Kona Linuxにはデスクトップ環境としてMATEやCinnamonなどが用意されている軽量Linuxです。Ubuntu Editionも存在するので、ハードとの互換性が解決出来ないような環境や、単純にインストールが面倒くさい場合に使うといいでしょう。

Linux Mint

私が愛用しているUbuntuのリミックスOSです。Ubuntuを選ぶ理由があるとするならば、使っているユーザーの多さによってオンラインのドキュメントが豊富に存在することだと思いますが、Linux Mintもユーザーコミュニティーが売りのディストリビュージョンです。

どれも用途による

スペックや、必要な機能などを考えないと一概にクールとは言えないのが現実なようです。クライアントPCはKona LinuxかLinux Mintが好みです。どちらも洗練された外見が特徴で外見のカスタマイズの手間が省けますのでオススメです。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)