Debian 9.0「Stretch」がリリース間近、開発が最終段階に突入したらしい

Debian 9.0 「Stretch」

Debian 9.0 「Stretch」の開発が、フリーズと呼ばれる最終段階に入ったことが明かされました。フリーズとはソースコードの変更について、制限がかかってくるフェーズです。機能の追加を制限し、バグの修正などに集中します。

Debian 9.0 「Stretch」はLTS版のLinux 4.9をサポートするようです。カーネルの最新機能を利用したい人にとっては朗報です。現在RC(Release Candidate: リリース候補)ビルドのバージョン2が公開されています。RCビルドはメジャーリリース前のソフトウエアのテストする目的で作成されます。

関連記事

Linux 4.9リリース、ARM 64 bitへの対応が進む

ソース

http://news.softpedia.com/news/debian-gnu-linux-9-0-stretch-has-entered-the-final-phase-of-development-512621.shtml

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)