CoreOSという発明、Dockerに最適化されたサーバーサイドのOS

CoreOSという発明

CoreOS

CoreOSはDockerに最適化された最高に現代的なOSです。OS自体はDockerを動かすためにあり、Dockerコンテナ内でJSやPHP、MySQLを動かします。

この形にするメリットは主に3つあるそうです。

  • 手軽さ
    第一のメリットは手軽さ、アジリティです。CoreOSはそれぞれのライブラリやプログラムが完全に独立して動くので、手軽に、別個にアップデートすることができます。アップデートは高いセキュリティを維持する唯一と言っていい方法なので、この方式はセキュアであるとも言えます。

  • 移植性
    第二のメリットは移植性、ポータビリティです。サーバーの機能をコンテナという単位に分けて管理することで、様々なマシンへの移植が可能になります。テスト環境のDockerコンテナをそのまま本番用のサーバーに移植出来るわけです。またコンテナ毎のイメージを取得することも可能で、バックアップなども取りやすいです。

  • 安定性
    第三のメリットは安定性、セキュリティです。OS上にVMを独立させることで、複雑さをなくし、管理コストを大幅に低減することが出来ます。

パッケージを管理するように、サーバーの機能を管理する

Dockerはサーバーのパッケージ管理システムとも呼ばれています。例えばWordpressのDockerイメージを取得すればWordpressが立ちますし、他のCMSについても手軽に立てることが出来ます。Dockerはとても便利な仕組みで、非常に未来的です。CoreOSはサーバーサイドにおいて、もっとも現代的でクールなOSだと言えるでしょう。