GitとGithub社の関係について理解しておこう

GitはGithub社の製品じゃ無い

GitはLinuxカーネルの管理のためにフィンランドのLinus Torvaldsが開発を始めたGPLライセンスのオープンソースプロジェクトです。同氏はLinuxの創始者でもあります。

一方Github社はGitのシステムを応用したコードホスティングサービスの運営会社です。Github社はオープンソースを応用したビジネスについてはパイオニア的存在で、コードホスティングサービスの分野で最大のシェアを誇る企業です。その他の主要なコードホスティングサービスにはUbuntuの運営会社Canonical社の運営するLaunchpadやGoogleの運営するGoogle Developers(Google Code)などがありますが、既にGithub社に大きく水を開けられています。

Gitサーバー自体は様々な企業に立っている

Git自体はオープンソースですから、Gitサーバーは誰でも立てることが出来ます。オープンソースなプロジェクトの中にも独自のGitサーバーを持っているところが幾つかありますし、それらの中にはGithubが知られる以前からGitサーバーを使っているところもあります。

Git自体からGitサーバーを立てることも出来るのですが、GitlabというGithubクローンがあるので、個人的にGitサーバーを立てるのであればそちらの方が便利でしょう。

Linuxを使いGitを使うのであればGitがGPLライセンスであることは知っておこう

GitはGPLライセンスです。LGPLライセンスと選択出来るので純GPLライセンスでは無いのですが、その成立はGNU/Linuxの初期のコミュニティと大きく関わっています。オープンソースプロジェクトなどの大人数での開発には非常に向いていて、今日のオープンソースプロジェクトの強力に支えています。情報系ならLinus Torvaldsとその主要な成果物は知っておきましょう。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)