GoogleがノートPC向けのOS「Andromeda」を開発しているらしい、Xデーは10月4日

Chrome OSとAndroidを融合させた新OS「Andromeda」

Web検索、モバイルOSと大きなマーケットで次々に勝利を収めたGoogleは、次にラップトップ向けOSを狙うようです。ラップトップ向け新OS「Andromeda」の存在が囁かれています。Androidに比べてChrome OSの成長が芳しくないことを考えるとかなり有力な噂なのではないでしょうか。

MicroSoftの土俵でガチンコ勝負か

ラップトップ向けOSについてはWindowsが殆どのシェアを占めています。長年PCのOSと言えばWindowsという時代が続き、ライバルというライバルが居ないまま大量のWindows搭載製品が今も世の中に出荷されています。この勢いをもし止められるとすればAppleかGoogleである気がします。

Appleがこの市場で幅を利かせるにはOS Xを全てのマシン向けに解放することが条件でしょう。シェアとそれに伴い増加するソフトウエア資源の量が大切なOS市場で、Apple製品にしか搭載されないOSと言うのは致命的です。熱心なファンが居るのは事実ですが、熱心なファン向けの製品以上にはなれていません。Appleはむしろそういう製品を作りたがっている企業なので、OSシェアを拡大していくのにはAppleそのものの体質が大幅に変わる必要があります。

一方Googleですが、Googleはシェアを獲得することを第一に考え、成功してきた企業だと言えます。Google検索も始めから無料ですし、シェアが世界No.1のブラウザであるChromeも無料です。それどころかChrome OSもAndroidも無料です。Googleはビジネスの根幹に関わるものが全て無料なのです。これにより獲得したシェアを、広告やアプリストアなどのビジネスモデルに生かすと言うのがGoogleのやりかたです。

Android成功の要因はGoogleの得意とするシェア重要視のビジネスモデルがOS市場にバッチリはまったことでしょう。OSはシェアとが大切だといいましたがそういった市場ではGoogleはとにかく強いのです。結果としてAndroidのアプリストアには非常に多くの本格的なアプリケーションがラインナップされています。

Windowsの牙城を崩すのは難しいでしょうが、Androidで積み上げてきたソフトウエア資源をフル活用できるのであれば勝機が無いとは言えないです。

Xデーは10/4

どうやらGoogleは10/4に何か大きな発表をするようです。それが「Andromeda」なのかどうかは分かりませんが、可能性は高いでしょう。以前「Andromeda」が2016年に発表されるという噂がありそれと合致するからです。とにかく続報を待ちましょう。世界が変わる日は近いです。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)