Android Studio 2.2がリリース、加速する開発、拡大するビジネス

猛烈な勢いで開発が進んでいくAndroid Studio

Android Studio 2.2が発表されました。2.0の発表が2016年4月でしたので5ヶ月で2.2までが開発されたことになります。Android Studioは2013年の発表以来注目を集め、2014年12月の1.0発表から爆発的に注目度が上がりました。

Android StudioはApacheライセンスです。オープンソースのプロジェクトなので、注目を集めれば集めるほど開発が加速します。Androidアプリの経済規模は年々拡大していて、その開発用オーサリングツールの注目度も半端ではありません。今後も開発はどんどん進んで行くでしょう。

センサーのシミュレートなど様々な機能が追加

  • Androidのシミュレーターにセンサーのシミュレート機能を搭載

  • RelativeLayoutを発展させた新しいレイアウトConstraintLayoutに対応

  • C++/Cで書けるネイティブコードへの対応を強化

他にも様々な機能がアップデートされました。とにかく様々な機能が強化され、アプリ開発を変えてしまうようなアップデートが目白押しです。

今後どうなるか

Android開発環境が強化されると言うことはGoogle Playにアプリが充実すると言うことです。Google Playにアプリが充実すればAndroidのOSとしての価値が上がり、より市場規模が大きくなり、よりAndroid Studio及びAndroidの開発が加速します。Googleのビジネスは天才的ですね。

Androidはより本格的な用途へ足を踏み入れようとしているのでは無いでしょうか。Android 7.0はアップデート周りの機能を強化するなど、企業などでの導入を促すようなアップデートがありましたし、ネイティブコードの強化はそういった意味合いもあるのかなと思います。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)