MITライセンスのオープンソースゲームエンジンGODOTについて

GODOT ENGINE

Linuxでゲームを作るのであれば最適な選択肢

ゲーム業界は当然ソフトを売らなければ成り立ちません。そのためGPLライセンスと非常に相性が悪いです。GPLライセンスを含んだソースコードはGPLライセンスになってしまうと言うコピーレフトという性質が商用ソフトにとっては致命的です。

オープンソースのエンジンでゲームを作りたい、でもちゃんと自分でライセンス条項を決めたい。と言う場合はGPLライセンスを避けざるを得ません。そこで候補に上がるのがMITライセンスのGODOTです。

MITライセンスとはコピーレフトの条項を含まないライセンスです。つまりオープンソースであるかどうかに関わらず再利用を認めるものです。GPLがオープンソース過激派ならMITは穏健派でしょう。Githubで最も用いられているライセンスだそうです。

ほぼ全てのプラットフォーム向けにゲームをビルド出来る

iOS向け、Android向け、Windows向け、Mac向け、Linux向けなどのゲームをGODOT一本で作ることが出来ます。マルチプラットフォームに展開したいと言う開発者の野心を少ない手間で叶えてくれます。

想像力一つで戦えるゲーム市場

とにかく美麗なグラフィックを求めるユーザーは一定数居ますが、アイディア勝負のゲームが大ヒットを飛ばす例も珍しく無いのがゲーム市場です。オープンソースのツールが進化すれば、より多くの人のアイディアが実現され、もっとエンターテイメントに満ちた世界が広がって行くことでしょう。このようなツールは個人的にも応援していきたいです。

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)