データ解析企業ALBERTがディープラーニングのビジネス支援事業を開始

ディープラーニングの時代が来る

データ解析企業ALBERTがディープラーニングのビジネス支援事業を開始します。ディープラーニングとは大量のデータを読みこませることで物事を評価する関数を作り、考えることの出来る機械を作るという技術です。データ解析企業のALBERTはこのディープラーニングをビジネスに活用するお手伝いをするという事業をはじめました。既に大量のデータを読み込ませた関数のセットを業務に合わせてチューニングして売り物にするそうです。研究開発には理研で人工知能の研究をしていた研究者が関わってきていたそうです。日本のIT界で大きな動きがあってとても嬉しいです。

ディープラーニングのビジネスの応用とは

ディープラーニングと言えば最近プロ棋士に勝ってしまったAlpha GOなどが有名ですが、そのビジネスの応用とはどのようなものが考えられるでしょうか。おそらく真っ先にディープラーニングの応用が広まるのは工場などの製造分野でしょう。スマートファクトリーという分野です。完全なAIが出来上がれば眠らない工場が実現できるのです。製造業の完全自動化、どれほどの経済効果があるのか分からないですね。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)