SEO対策とGoogleから見たSEO対策をの危険性

GoogleはSEO対策の存在を認めていない

Yahooのは検索エンジンにGoogleを採用しており、事実上殆どの日本人がGoogleを介してWebページを探すことになっています。サーチ・エンジン・オプティマイゼーションと言った場合のサーチ・エンジンはGoogleのそれを指すでしょう。しかしGoogleはSEO対策で対策されることを認めていません。このことから分かるのは、SEO対策で検索上位に上り詰めたサイトはいつGoogleに潰されるか分からないと言うことです。

神と揶揄されるGoogle

実際に昨日までGoogle検索上位に居た企業のトップページがGoogleによる検索アルゴリズムの修正によって人目につかない下位に押し下げられると言う事例は存在するそうです。Web上で何かサービスを立ち上げている限り、Googleの検索エンジンに好かれなければどうしようもありません。このような絶対性からGoogleは神と揶揄されることがあります。

いつまでも通じるSEO対策なんて無いと思わなければいけない

SEO対策は質の良いコンテンツ作りとイコールになりつつあります。そしてこれはGoogleの目指すところでもあります。Googleはユーザーに質の良い検索結果を提供したいのです。Googleを小手先のSEO対策で攻略しようと言う考えは甘いです。

Googleから見て質の良いコンテンツとは

Googleは検索ワードに対してそれを入力した人の求めるものを提案する検索エンジンを目指しています。そして検索エンジンに表示される一番大きい要素はタイトルです。当然タイトルと内容が一致していることが質の良いコンテンツの条件になります。また、良く検索されているワードに関する記事が沢山入っているWebページはGoogleから見て良いWebページです。そのようにGoogleから見た時にどう見えるかを気にしながらページを作ると言うことが最大のSEO対策と言うことになるでしょう。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)