Godotチュートリアル和訳速報「データパス」

Gitbookへの反映は後日になります。

データパス

パスの区切り

GodotではUNIXスタイルのパスの区切り”/”が採用されています。これは多くのプラットフォームをサポートするためです。Windowsを含めて全てのプラットフォームで正常に動作します。

パスC:\ProjectはC:/Projectになります。

リソースパス

前のチュートリアルでもありましたが、Godotは”engine.cfg”というテキストファイルを含むフォルダをプロジェクトのフォルダとして認識します。

プロジェクトファイルにはres://をルートとするパスを用いてアクセスしてください。例えばルート直下のテクスチャはres://sometexture.pngというパスになります。

ユーザーデータパス

プロジェクトを実行している間、リソースパスがパッケージの中にある、自己完結型の実行ファイルである、システム全体へのインストール場所であるなどのために、リードオンリーになるということが起こりえます。

このようなシナリオの下で持続的にファイルを格納するには、user://を使えば良いです。例えばセーブデータはuser://gamesave.txtとuser://を使ってパスを書きましょう。

モバイルやゲームコンソールなどの内、一部の端末では、このパスはアプリ独自のものとなります。デスクトップOSの下ではどうでしょうか。OSXやLinux系OSでは標準で~/.Nameに放り込まれ、Windowsの場合はAPPDATA/Nameに格納されます。実際のディレクトリ名についてはプロジェクト名の設定を確認してください。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)