Godotチュートリアル和訳速報「マウスとインプットの座標」

ここはまだ手直しが必要かもしれません。ひとまず試訳として上げておきます。

マウスとインプット座標

About

このチュートリアルは、インプット座標やマウスの位置取得、画面解像度などに関する、小さいながらありがちなミスを無くすためのものです。

ハードウエアディスプレイ座標

ハードウエア座標は、複合UIを書く時、つまりPC上でエディターやMMO、ツールなどを動かす時に使うことが出来ます。そのスコープを出てしまったら参照することは出来ません。

ビューポートディスプレイ座標

Godotはコンテンツを表示するためにビューポートを使います、ビューポートは様々なオプションをもとに縮小拡大されます(複数解像度のチュートリアルを見てください)。それから、マウス座標や、ビューポートサイズの取得のための関数を使ってください。以下は例です。


func _input(ev): # ビューポート内のマウスの座標を取得 if (ev.type==InputEvent.MOUSE_BUTTON): print("Mouse Click/Unclick at: ",ev.pos) elif (ev.type==InputEvent.MOUSE_MOTION): print("Mouse Motion at: ",ev.pos) # ビューポートのサイズの表示 print("Viewport Resolution is: ",get_viewport_rect().size) func _ready(): set_process_input(true)

または、マウスの位置をビューポートに問い合わせることも可能です。

get_viewport().get_mouse_pos()

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)