Author: Sigma

Sigma(21)です。現在OUJ(放送大学)の全科履修生として学士取得を目指してます。

OUJは様々な点が効率的で気に入っています。動画授業はネット配信されていて、スマートフォンからいつでも授業を受けられますし、90分で別の教科に切り替える必要がありません。一つの教科に一日中集中することも出来ます。自分に合ったスタイルで学べる点は私にとっては嬉しい点です。

現代において、このような学習スタイルの学習、即ちメタ学習が非常に重要だと感じています。学習コンテンツが世界に溢れているためです。

まず本の入手性が非常に良くなりました。大抵の本はAmazonなどのネット通販で手に入ります。文字情報から効率良く学習出来る人は、オススメの本を紹介してくれる信頼出来る人とネット通販さえあれば学習出来るようになりました。

また、動画授業も溢れています。オープンコースウエア(OCW)はアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)が始めた活動で、高等教育機関などで正規に提供された講義(コース)を公開するというものです。この活動が1つの潮流となった現在、様々な動画授業が無料で見られるようになっています。これらのWebに溢れる教育コンテンツの活用は、生涯に渡り学習していく上で非常に重要になると考えられます。

また、UdacityやKhan Academyなどのクオリティの高い学習コンテンツを提供するサイトも現れました。どちらもアメリカの有力企業とのコラボレーションによって度々話題となっています。

このような学習コンテンツをどのように選び、どう学習を進めて行くかを考えることで、一人ひとりにとって最も効率的な学習スタイルを構築することが出来ます。気になったことに対して一日中集中していたい私のような人でも、効率的な学習が可能です。

私たちは、今や家に居ながら様々な情報に触れることができます。RSSリーダーでニュースフィードを受け取り、そのニュースについてSNSやグループウエアなどで語り、図書館に行って気になった本に目を通し、その本をAmazonで買って家に置き、OUJでは動画授業やインタラクティブなオンライン授業を受けることが可能です。効率的でストレスの少ない学習スタイルが確立出来ていると感じています。

これがどのような結果を産むかについては、また5年後、10年後に語りたいと思います。