さくらインターネットが高性能なGPGPUサーバーのレンタルを開始

8/31にさくらインターネットはGPGPUサーバーのレンタルを開始しました。

気になったのはTITAN X

さくらインターネットがレンタルするGPGPUサーバーにはTITANモデルとTeslaモデルがあります。TITANはアメリカのGPGPUスーパーコンピューター「Titan」に由来する記念モデルで、倍精度演算能力の高さと安さからパーソナルスーパーコンピューター用のGPUと呼ばれていました。

しかしその倍精度演算能力はZからXにモデルチェンジした際に失われ、Xは普通のGeforceのような製品です。なぜあえて単精度でしか高い演算能力を得られないTITAN Xを採用したのか疑問が残るところです。

Teslaモデルとの差別化が狙いか

Teslaモデルは一見同じような金額ですが、デフォルトではTeslaボード1枚なので、TITANモデルとより割高です。恐らく倍精度を要求する場合は割高なTeslaモデルを使えと言うことなのでしょう。このような姿勢で今後どういう売れ行きになるのか注視したいところです。

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)