WordPressが使える高性能格安クラウドレンタルサーバーmixhostはアフィリエイトにオススメ

WordPress特化クラウドサーバーmixhost

レンタルサーバーのトレンドも変化します。安さは当然重要ですが最近のトレンドは「クラウドサーバー」です。



クラウドサーバーとは

クラウドサーバーとは演算能力を仮想化しサーバ毎にスケーラブルに割り当てるサーバです。演算能力のムダが発生せず、アクセス集中時も安定して運用することができます。マシンではなく演算能力を必要に応じて切り売りしてる業者だと言えるでしょう。無駄が無いのでコストパフォーマンスの高いサーバーが提供できます。

mixhostで月額480円でプロのアフィリエイターに

私が本腰を入れてアフィリエイトサイトを運用するのであれば間違いなく一番最初に候補に上がります。
理由は以下の点で最高に「わかってる」サーバーだからです。

mixhostは最安プランからマルチドメイン、マルチDB

マルチドメインで運用でき、MySQLも無制限なのでいくつでもWordPressを運用できます。アフィリエイトサイトを運営する上で広告のジャンル毎に別々のドメインを使いたい場面と言うのは多々あります。それでいてスピードが出て、安定していて、安い。コストパフォーマンスは抜群です。

mixhostは専門知識がいらない

SaaS方式というサービスを売る方式を採用していて、何も考えずに初めから記事を書き始めることができます。クラウドサーバにはPaaS方式とIaaS方式という方式があって、それらは専門的な知識が必要でありブログを作ることに特化できません。アフィリエイトブログを運用するのであればSaaS方式が最適でしょう。

mixhostはSSD、LiteSpeed

SSD採用のサーバは実は増えています。普及して単価が格安になったことや、シーケンシャルアクセス、ランダムアクセスが共に高速であることが主な理由でしょう。別の方法で信頼性を確保する手間に見合います。LiteSpeedは爆速Apache互換HTTPサーバです。プレビュー数が多くなった際にも全ての人にストレス無くサイトを見てもらうことができます。当然さらなるプレビュー数アップ、ひいては広告収入アップが見込めます。

最大の「わかってる」ポイント、バックボーン速度の明記

バックボーン速度を公開していないレンタルサーバーは多々あります。バックボーン速度とはサーバーセンター全体での通信速度です。バックボーン速度が速いからといって一人あたりの通信速度が速いとは限りませんが、確実にサーバー事業者の地力の指標となります。mixhostはこれを一つの売りにしていてその速度は732Gbpsという国内最大級の数値です。かなり安定して速いWebサービスを構築できることが期待できます。

格安プランではディスクとメモリが少なくなる

他の有名な格安プランに比べてディスク容量は少ないです。SSDなのでしょうが無いのでしょう。しかしそもそもブログで使うディスク容量はあまり大きなものではありません。私のブログは現在60記事程度書いていますが、総容量は2GB程度です。プロのアフィリエイターを目指すのにはエコノミープランの10GBで十分ですし、収益化してきた頃には2980円のビジネスプラン程度の経費は捻出できるでしょう。

またメモリも512MB程度ですが、これはWordPressなら大体20人程度の同時アクセスに耐えるメモリ量です。初めて見ればわかりますが、20人同時アクセスは少なくともアフィリエイト初心者では行きません。中級から上級者程度の数字です。

しかしそれでも格安プランはこのサーバーの誇る高速表示用のフルサービスが利用できます。一つだけの個人的なサイトを運営する場合でも表示スピードだけは速く無いと困るはずです。遅ければせっかくクリックした人をみすみす帰してしまうことになりますからね。



Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)