Caviumの25Gbps/50Gbpsのネットワーク製品がHPE Synergy 480/660に搭載される

CaviumのQL45604を搭載するHPEのSynergy 6810C

HPE Synergyプラットフォーム用の高帯域幅と低レイテンシ接続を提供するHPE Synergy 6810Cはイーサネット・アダプターはCaviumのQL45000シリーズのコントローラーを内蔵したものとなるようです。

QL45000シリーズのスペックは以下の通りで、HPE Synergy 6810はRDMA over Converged Ethernet(RoCE)に対応したアダプターとなります。

  • Compatible with PCIe 3.0 and with PCI® 3.0, 2.0 and 1.1

  • Multiple configuration options including single-port 100GBASE, dual-port 50GBASE, dual-port 40GBASE, quad-port 25GBASE and quad-port 10GBASE applications

  • Multiprotocol RDMA with RoCE, RoCE v2 and iWARP

  • Networked storage using iSCSI and Fibre Channel over Ethernet

  • Switch independent NIC partitioning with 16 physical functions

  • L2 network virtualization/tunneling with VXLAN, NVGRE, GRE and GENEVE

  • Next generation telco deployments with OpenStack, NFV and DPDK support

  • NIC-SI enabling high-speed communication between host and baseboard management controller

  • Data Integrity with ECC and byte parity protection, and T-10 CRC

QL45000シリーズはPCIe 3.0,2.0,1.1に対応するようです。HPE Synergy 6810CはPCIeで接続されるアダプターとなるでしょう。


  • 100GBASE シングル・ポート
  • 50/40GBASE デュアル・ポート
  • 25GBASE クアッド・ポート
  • 10GBASE クアッド・ポート

という利用方法があり得るようです。50Gbpsなら2ポート、25Gbpsなら4ポート分を捌けるコントローラーのようです。HPE 6810Cは最大で100Gbpsの双方向通信をサポートするようです。


  • RDMA with RoCE
  • RoCE v2
  • iWARP

HPE Synergy 6810CはRoCEに対応することでIOレイテンシを削減し、HPCなどの先進的なアプリケーションをサポートするようです。また、Internet Wide Area RDMA Protocol(iWARP)にもファームウエアアップグレードで対応するそうです。



ヨーロッパのエクサスケールプロジェクト「モンブラン・プロジェクト」がARMアーキテクチャのCavium Thunder X2を使用したプロトタイプの制作を発表


One comment

Add a Comment