ISC 17で中国Inspurの超高密度サーバー「AGX-2」のデモが行われる

ISC 17でInspurの超高密度サーバー「AGX-2」のデモンストレーション

ISC 17にて、中国Inspurの超高密度GPGPUサーバー「AGX-2」のデモンストレーションが行われたようです。このシステムは2Uに8GPUを詰め込んでおり、先月のGTC 17でInspurとNVIDIAによって紹介されています。また既にNVlink 2.0に対応しているようです。

AGX-2はLINPACKベンチマークで29.33 TFLOPSを達成しているようです。また、TensorFlowを用いてGoogLeNetを構築しトレーニングを行った際のパフォーマンスは1165 images/sで、AI研究用途に十分な適性があることが示されています。

中国の大手IT企業の需要に応えるInspur

Inspurは中国の大手IT企業であるBaidu、Alibaba、Tencentなどにトータル・コンピューティング・ソリューションを提供するメーカーです。BaiduはSilicon Valley AI Lab、Deep Learning Institute、Big Data Lab、Augmented Reality Labの4つの研究所からなるBaidu ResearchなどR&Dに積極的で、Alibabaグループは世界の時価総額ランキングで上位にランクインする大規模なIT企業である他、傘下のAliCloudは現在急速に拡大しているクラウド・コンピューティング・サービスとして知られています。Tencentは世界の時価総額ランキングでAlibabaを抑えていて、中国NO.1の時価総額を誇る企業です。

関連記事

米Supermicro、中国Inspur、英Boston LimitedがTesla P100を用いた高密度サーバーを発表

台湾InventecがARM64 CPU, Cavium Thunder X2を採用したサーバー・プラットフォーム「Baymax」を発表

ソース

https://www.hpcwire.com/2017/06/23/ultra-high-density-ai-supercomputer-agx-2-demonstrated-isc17/

http://research.baidu.com/

http://www.180.co.jp/world_etf_adr/adr/ranking.htm

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)