HPEが新製品HPE SGI 8600、Voltaへの対応などを発表

HPEはNVIDIAの開催するGTC(GPU Technology Conference)において以下の発表をしたようです。

HPEが新製品HPE SGI 8600

HPEはGTCで買収したHPCベンダーSGIの「SGI ICE XA」アーキテクチャを採用した新製品HPE SGI 8600を発表しました。数千ノードに上る大規模なシステムまで拡張出来る高いスケーラビリティと業界をリードする効率性が強みのようです。GPU同士はNVLinkで接続されます。

HPEとNVIDIAのコラボレーション

HPEとNVIDIAのコラボレーションは強化され、以下の2つのプログラムを用意されるようです。

  • 韓国、シドニー、グルノーブル、バンガロール、ヒューストンを含む、ベンチマーキング、コード・モダニゼーション、概念実証のイニシアチブのための中核的研究拠点の強化。

  • 特定の顧客向けに、8つのVoltaベースのGPUを搭載するNVIDIA Tesla SXM2 GPUシステムへ2017年4Qからのアクセスを可能とするアーリー・アクセス・プログラム。

既存製品のVoltaへの対応

HPEの既存の製品であるApollo 2000、Apollo 6500、Proliant DL380がそれぞれNVIDIAの最新のGPUアーキテクチャであるVoltaに対応するようです。

東京工業大学のTSUBAME 3.0にも言及

ソースでは東京工業大学のスーパーコンピューターTSUBAMEシリーズの次世代機「TSUBAME 3.0」におけるHPEと東京工業大学のコラボレーションにも触れられています。TSUBAME 3.0には新製品のHPE SGI 8600と同じ「SGI ICE XA」アーキテクチャが使用されます。TSUBAME 3.0はTesla P100を採用するHPCシステムの中でも最大級の規模を誇っています。TSUBAMEプロジェクトを率いる松岡聡氏はSMX2ノード・ソリューションのスケーラビリティを高く評価しているようです。

関連記事

TSUBAME 3.0のとてつもない環境性能とそれを支えるHPE/SGIの冷却技術SGI Cell

NVIDIA Tesla V100と言うモンスターGPU、120 Tensor TFLOPS、5120 CUDAコア

ソース

https://www.hpcwire.com/2017/05/10/hpe-launches-servers-services-collaboration-gtc/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)