米Supermicro、中国Inspur、英Boston LimitedがTesla P100を用いた高密度サーバーを発表

NVIDIAのTesla P100を用いたGPGPUサーバーが多数発表

NVIDIAのTesla P100を用いた高密度GPGPUサーバーが米Supermicro、中国Inspur、英Boston Limitedから続々と発表されたようです。この発表は先日NVIDIAによって開催されたGPU Technology Conference(GTC)にて行われました。NVIDIA Tesla P100は2016年4月に発表されたGPGPU向けのGPUですが、2017年の5月に発表された新製品群はどのような意味を持つのでしょうか。

Supermicroの新製品は3モデル

Supermicroの新製品は4Uラックサーバー、1Uラックサーバー、ワークステーションの3モデル存在するようです。

4Uラックサーバーの「4028GR-TXR」は8つのNVIDIA Tesla P100を備えるGPGPUサーバー製品で、170TFLOPSのFP16性能を有するようです。

FP16は10進数にして3桁程度の精度しかない非常に精度の低い数表現です。一般的に高い精度が求められるHPCにおいてはFLOPSは暗黙の了解としてFP64の演算性能の値を使いますが、FP64は10進数にして16桁近い精度があります。このFP16における170TFLOPSと言う数字はあくまで精度を落としてでも大量の演算資源が必要なディープラーニングにおいて注目されている数値だと言えます。

1Uラックサーバーの「1028GQ-TXT」は4つのTesla P100 GPUを備えるGPGPUサーバー製品です。4Uラックサーバーや、既に提供されている製品である2 GPU/ノードの2ノード2U Tesla P100 GPGPUサーバー製品である「2028TP-DTFR」よりも高密度な製品であることが分かります。

これらの製品のGPU間のインターコネクトは80GB/sの帯域幅を誇るNVLinkで接続されていて、NVLinkを介したRDMAにも対応するようです。

ワークステーションはTesla P100を4基搭載し、4Uタワー・フォームファクターで提供されるようです。高品質なデジタルコンテンツを編集する人などに向けた製品ですが、GPUを専有してディープラーニングの研究を行いたい人にも向いている製品のようです。

成長著しい中国で高いシェアを誇るInspur

中国のInspurは成長著しい中国で高いシェアを誇る企業のようで、同社によると中国のAIサーバー市場において60%のシェアを獲得しているそうです。世界的にもよく知られているBaidu、Alibaba、Tencentなどの大企業や、iFLYTEK、Qihoo 360、Sogou、Toutiao、Face ++などの企業と提携しているようです。

InspurはBaiduと共に、GPUをホストに対して独立して拡張出来るサーバー製品である「SR-AI Rack」を発表しました。1つのSR-AIモジュールには最大で16のNVIDIA Tesla P100 GPUを接続することができ、最大で4つのSR-AIモジュールがPCIeスイッチを介してデイジー・チェーン接続されます。

このシステムを最大構成で運用した場合、FP16の理論性能がPFLOPSに届くことになります。沢山のGPUを効率良く使えるフレームワークと共に使えばディープ・ラーニングによるイノベーションを大幅に加速することになるでしょう。

Inspurの既存の製品であるAGX-2は、2Uのスペースに最大8つのTesla P100を搭載するラックサーバーです。このシステムはNVLink 2.0に対応出来るようで、NVIDIAの次世代GPU Voltaに対応すると見られています。また、同社はブレードサーバーNX5460M4も提供しています。このシステムは12Uで最大8ノード、16 GPUの構成が可能なようです。

Boston LimitedはAnna Pascal XLを発売

Boston Limitedは「Anna Pascal XL」の発売をGTCで発表したようです。これは4Uラックサーバーで最大8つのTesla P100 GPUを搭載するようで、InfiniBand用に4つのPCIeスロットによって、隣接するサーバーのGPU間のRDMAが可能となっているようです。Boston LimitedはこれまでにもAnna Pascalと呼ばれる1Uラックサーバーを提供していて、こちらは4つのTesla P100を搭載しています。

関連記事

IBMのクラウド・コンピューティング・サービスBluemixにNVIDIAのTesla P100が導入

Vega,Navi,Zen+についての情報が5/16に明かされる

IBMのPOWER8とNVIDIAのTesla P100を使ったPowerAIプラットフォームでTensorFlowが使えるようになった

ソース

https://www.top500.org/news/supermicro-inspur-boston-limited-unveil-high-density-gpu-servers/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)