ケニアのスタートアップBRCKは「SupaBRCK」でアフリカのデジタル・デバイドを解消する

ケニアのスタートアップBRCKが「SupaBRCK」を発売、防水、ソーラーパワーのWiFiホットスポット

ケニアのネットワーク・インフラ関連スタートアップ「BRCK」は以下のミッションを掲げる企業です。

Connecting frontier markets to the internet.

フロンティア市場(新興国の市場)をインターネットに繋ぐ。

The next 3 billion internet users will come from frontier markets. BRCK is the platform that connects them.

30億のフロンティア市場の潜在ユーザーを繋ぐプラットフォームとなる。

We do this in three main areas; consumer connectivity, education, and enterprise IoT.

主にコンシューマー・コネクティビティ、教育、エンタープライズIoTの3分野で活動する。

BRCKから発売される「SupaBRCK」は防水でソーラーパワーのWiFiホットスポットです。ネットワークのキャッシュや最適化に対応し、最大5TBのHDDが接続出来るようです。LTE, HSPA+, GPRSのネットワークに対応し、3枚のSIMでフェイルオーバー構成が可能なようです。

  • CPU デュアル・コア 64-bit Intel Atom 1.33MHz

  • メモリ 2GB DDR3 (最大4GB)

  • OS BRCKOS LinuxベースOS

  • ストレージ OS用 8GB eMMC / データ用 SATA HDD/SSD (最大5TB)

  • スクリーン ネットワーク/電源情報用 2.0” eInk

  • バッテリー 59Wh (8時間駆動可能)

  • WiFi 3:3W x3 a/b/g/n 2.4GHz (オプションで5GHzも可)

  • イーサネット GbE x3 POE in x1 POE out x1

  • キャリア SIM x3 フェイルオーバー LTE, HSPA+, GPRS

  • ディメンジョン 178mm x 225mm x 52mm

  • 重さ 2200g

  • ポート
    3 x Ethernet Port, 3 x SIM Card Slot, 1 x USB 3.0,
    2 x WiFi antennas 2 x LTE antennas, 1 x BRCK IO Expansion Port

  • アンテナ
    2 x WiFi RP-SMA External Antennas
    2 x LTE SMA External Antennas

  • 電源 5 – 24V DC input. Solar Compatible. 802.3af POE input.

  • 拡張
    Raspberry Pi Compute Expansion port with embedded Ethernet
    2 x PCIe expansion (internal)
    2 x NGFF (M.2) expansion (internal)

アフリカのICT教育への応用も

ミッションに掲げられている通りBRCKはネットワーク・インフラの教育への応用に熱心で、Kio Kitというアフリカの学校に向けたICT教育キットも制作しています。EducationのページにはKio Kitのだけでなく新製品のSupaBRCKが並んでおり、教育への応用も考えられているようです。

SupaBRCKにはKio Kitのコンテンツを管理するシステム「Simiti CMS」が内蔵されていてKio Kitと連携して動作するようです。

  • Kio Kitのムービー

https://www.youtube.com/watch?v=djzVDh6qKPk&feature=youtu.be

  • BRCKのチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCdZsmA-nZUh8WnFsur2Dx4Q

ビジネスチャンスはネット回線に手の届かない層に眠っている

RRCKは、インフラへ直接対価を払うことが出来ない層へのインターネット環境の提供にも熱心なようです。TechCrunchによると、BRCKのCEO、Harsman氏は以下のように語っています。

“The demand on internet in Africa is largely driven by the 10 to 15 percent who can afford it. The real massive opportunity is trying to connect the 70 to 80 percent of the people who can’t. That’s where the internet race really is,” Hersman said

「アフリカにおけるインターネット需要は対価を払うことの出来る10%から15%の人に大きく依存しています。本物の大きなチャンスは金銭的に余裕は無いがインターネットに接続したい70%から80%に人々にあります。これこそがインターネット競争の真実なのです。 」 Harsman(BRCKのCEO)氏は語る。

コンテンツ配信サービスMojaをSupaBRCK上で構築し、広告でマネタイズされる無料のパブリック・ネットワークを構築する考えのようです。このようなビジネスモデルがきちんと収益の上がるものになれば、アフリカ大陸でのインターネットへのコネクティビティは上昇し、情報格差は埋まって行くでしょう。

関連記事

Airbnbのホスト向けにサービスを展開するベンチャー「Airsorted」が1.5Mユーロ獲得、Airbnbは世界の経済を回す

XTREME DESIGNが7000万円の資金獲得に成功、オンデマンドで仮想スーパーコンピューティング・サービスを提供する東京のHPC関連スタートアップ

ソース

https://techcrunch.com/2017/03/08/kenyan-startup-brck-launches-supabrck-device-to-solve-africas-internet-equation/

https://www.brck.com/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)