Mellanoxのぶっち切りに高性能なセキュリティソリューションIDG4400がリリース

圧倒的な技術力を誇るMellanoxの新製品IDG4400

ネットワークの分野で圧倒的な技術力を誇り、世界の高性能計算を支える企業がMellanoxです。Mellanoxの製品の特長は圧倒的な性能で、今回リリースされたIDG4400も目を見張るスペックを誇っています。Spectrumスイッチシステムを通して10,25,40,50,100Gbpsイーサネットで接続されるこの機器は、500Gbpsのステートフル・パケット・インスペクション(SPI)、320Gbpsのディープ・パケット・インスペクション(DPI)処理をこなすようです。セキュリティに重要なこれら2つの数値は、同規模では競合他社の20倍であると謳われています。

IDG4400はNPS-400と言うチップが使用されていますが、これはMellanoxが2016年2月に買収したEZchip社の開発した製品です。パケット処理のスループットは400Gbpsを誇り、Cによってプログラム可能で、Linuxにも対応しています。

1ラック分の性能を謳う

SPIやDPIは、不正なパケットを検出するための手法です。大規模なデータセンターが大量のパケットをやり取りしていることは想像に難く無いでしょう。それらを不正なパケットで無いかチェックするためには膨大な計算資源が必要です。

Mellanoxは、1UサイズIDG4400 1台でサーバー1ラック分のDPI性能があると謳っています。かつて無い効率的なセキュリティソリューションとなっているようで、データセンターのコスト削減に貢献するとされています。

関連記事

Cavium傘下のQLogicのチップがHPEの主力級製品Synergyに搭載されることに、ネットワークチップメーカーとしても勢いに乗るCavium

ハイエンドネットワークチップメーカーMellanoxが最大200Gbpsを叩き出すチップを発表

ソース

http://www.mellanox.com/page/press_release_item?id=1681

http://ir.mellanox.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=1009746

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)