中国AliCloudが新たに4つのデータセンターを設置、日本にも出来るらしい

中国Alicloud

AliCloudは中国最大手の通信販売プラットフォームを持つAlibabaグループのクラウドコンピューティング事業です。既にAmazonのAWS、MicrosoftのAzureに次ぐ勢力として注目されています。

今AliCloudはAlibabaグループが最も力を入れている事業らしく、先日中東のドバイのコンピューティングセンターをオンラインにしました。オーストラリア、ドイツ、日本のコンピューティングセンターも近日オンラインになる予定だそうで、合わせて4つのコンピューティングセンターを新たに設置したことになります。

AliCloudのコンピューティングセンターの数は新たに設置された4つを含めて14に上るようで、世界的なクラウドコンピューティング事業者として大きく前進していると言えます。

6四半期連続で3桁成長

AliCloudの成長率はAlibabaの事業の中でも最高を記録しているようです。なんと6四半期連続して前年比3桁成長を記録しています。直近の四半期では前年同期比で130%成長だそうです。

3桁成長と言うとつまり、1年につき2倍以上のペースで売上を伸ばしていることになります。驚異的な数字と言えるでしょう。

新興勢力として注目

Alibabaは中国が内包する巨大なマーケットの中で力のある企業です。AWSやAzureとはまだまだ大きく水を開けられていますが、注目に値する企業であることは間違い無いでしょう。

関連記事

AMDが中国AliCloudと提携、サーバー向けGPU事業でnVidiaに対抗出来るか

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)