SK HynixのGDDR6がavailable nowに

SK Hynixがプロダクトのカタログをアップデートし、GDDR6メモリー・チップが”available now”でリストされました。加えて、SK HynixはGDDR6プロダクト・ファミリの最終スペックを公表しました。

SK Hynixは、去年の4月にGDDR6メモリの量産を最初にアナウンスしたDRAMメーカーでした。同社は5月にはGDDR6メモリをカタログに2つ掲載し、スペックを公開しました。GDDR6の出荷開始は2017年の終わり頃を予定していましたが、去年の暮れにそのアナウンスはありませんでした。

4種類のGDDR6メモリ、省電力版も

SK HynixのGDDR6製品は以下の4つで、全て容量8Gbの製品です。データ転送レートは10Gbps、12Gbps、14Gbpsで、256Mx32という構成となっています。GDDR6の仕様から推測すると、これは16bitのインターフェース2つとして動く可能性が高いです。またSK Hynixは、1.35V Vdd/Vddqの製品の他に1.25Vで動作する省電力なオプションをラインナップしています。Mini-ITX向けの製品やモバイルPCのグラフィックス、その他のメモリ帯域を食うアプリケーションで活用されるでしょう。また、これらは180-ballのFCBGAパッケージで提供されます。

Specifications of SK Hynix’s 8 Gb GDDR6 Memory Chips

Part Number Packaging Data Rate Bandwidth
per Chip
Voltage Organization
H56C8H24MJR-S2C GDDR6 180-ball 14 Gbps 56 GB/s 1.35 V 256Mx32
H56C8H24MJR-S2C GDDR6 180-ball 12 Gbps 48 GB/s 1.25 V 256Mx32
H56C8H24MJR-S0C GDDR6 180-ball 12 Gbps 48 GB/s 1.35 V 256Mx32
H56C8H24MJR-S0C GDDR6 180-ball 10 Gbps 40 GB/s 1.25 V 256Mx32

関連記事

MicronがGDDR6規格のメモリの設計と適格性評価を完了、2018年前半に量産開始か

SK Hynixがまだ公表されていない規格「GDDR6」の最初のチップをアナウンス

ソース

https://www.anandtech.com/show/12345/sk-hynix-lists-gddr6-memory-as-available-now

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)