Crucialが128GBのメモリ・モジュールを出荷開始、3,999ドル

Crucialが128GBのLRDIMMモジュールを出荷開始

Crucialが128GBのDDR4 2666 SDRAM LRDIMMモジュールの出荷を開始したようです。最高密度のこのLRDIMMモジュールによって、Skylake-SPやEPYCなどに用いることができ、これらのメイン・メモリの最大容量が書き換わるようです。このモジュールを用いれば、Skylake-SPならソケットあたり最大1.5TB、EPYCならソケットあたり最大2TBまで搭載することが可能です。

価格は3,999ドルと高価

この超高密度なメモリ・モジュールは、ユニットあたり3,999ドルと非常に高価です。1GBあたり31.24ドルもします。DDR4 2666規格のメモリ・モジュールは現在1GBあたり1000円台前半ですので、2倍から3倍近い価格となっています。

EPYC1基に対して2TBのメモリを用意するとすれば、メモリの価格は3999*(2048/128)=63984で、約64,000ドルとなります。EPYCのハイエンド・モデルが4,000ドル程度ですので、メモリ対CPUの価格比は大体16:1となります。大きな開きがありますね。

20nmプロセスの8Gb DRAM、4Hiスタック

このメモリ・モジュールは、既にGPUのデバイス・メモリに応用されている三次元積層技術を応用して作られています。20nmプロセスで製造されたMicronの8Gb DRAM ICは、TSVを用いて4層に重ねられ、重ねられたものが片面に18個、両面で36個実装されています。8Gbは1GBですので、1418*2=128で128GBのメモリ・モジュールとなっています。

また、このメモリ・モジュールは三次元積層技術を応用しながら、2666 MT/sという高い転送レートで使用することに成功しています。タイミングはCL22、駆動電圧は1.2Vです。

JEDECでは、DDR4 2666のタイミングはCL17-CL20と定められており、CL22となっているこのメモリ・モジュールは少々レイテンシが長いことになります。

関連記事

SK Hynixが韓国のチョンジュに3D NANDとDRAMを製造する工場を建設する計画を発表

EPYCとXeon E5-2699 v4との実HPCアプリケーション比較、高いメモリ帯域によってEPYCが78%高速という結果

ソース

https://www.anandtech.com/show/12112/crucial-128-gb-ddr4-2666-lrdimms-for-servers-3999-per-unit

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)