Celeron J3455搭載NASは前世代のPentium N3710搭載NASよりも速いか

Goldmontコアを採用するApollo LakeのNASの暗号化は前世代のBraswellよりも速い

Goldmontコアを新たに搭載するApollo Lake SoCは暗号化に関する以下の命令に対応しています。

  • AES-NI
  • SHA拡張

AES-NI(Advanced Encryption Standard New Instructions)は前世代のBraswellでも対応しています。AESはSSL/TSLの通信の暗号化に使用され、SHA拡張はその際のメッセージ検証などに使用されます。どちらもNASの暗号化に際して重要です。

https://tools.ietf.org/html/rfc5246#appendix-C

Synologyが新たに投入するNAS「DS918+」はApollo Lake世代のSoCであるCeleron J3455で構成されていますが、このNASはBraswell SoCであるPentium N3710でを搭載するSynologyの前世代のNAS「DS916+」よりも暗号化時の転送性能が大幅に高くなっているようです。SHR(Synology Hybrid RAID)テクノロジーが使用され、暗号化にはAES 256bitが使用されています。

  • 4-Bay NAS – SHR Encrypted
    1GbE / MB/s – Higher is Better
Workload DS918+ DS916+
Photo Album 46.1 36.20
Dir Copy From NAS 34.7 24.90
Dir Copy To NAS 11.7 11.00
File Copy From NAS 109.7 86.80
Office Productivity 80.3 53.30
Content Creation 13.8 10.00
HD Playback & Record 113.9 97.20
4x HD Playback 113.9 88.00
2x HD Playback 113.3 87.30
HD Video Playback 112 76.00
ソース

https://www.servethehome.com/synology-ds918-powerful-easy-use-4-bay-nas/

Celeron J3455とPentium N3710を比較してみましょう。それぞれのスペックは以下の通りです。

  • Celeron J3455
    Apollo Lake世代
    • Goldmont 4コア
    • プロセス 14nm
    • ベース 1.5GHz
    • ブースト 2.3GHz(1コア)
    • TDP 10W
  • Pentium N3710
    Braswell世代
    • Airmont 4コア
    • プロセス 14nm
    • ベース 1.6GHz
    • ブースト 2.567GHz(1コア)
    • TDP 6W

前述の速度の差の原因がCPUだとすれば、GoldmontコアはAirmontコアよりクロック当たりの暗号化性能が高いと言えそうです。無視出来ないアーキテクチャの改良があったと言えるでしょう。

関連記事

Celeron N3450とCeleron N3350がそこそこ動きそう

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)