Intelがハイエンド・デスクトップ向けのCPUの生産スケジュールを前倒し、6月に公開か

IntelがHEDT向けのCPU製品の生産スケジュールを前倒し

IntelがHEDT向けのCPU製品の発表を、2017年の第31週から第25週に前倒ししたようです。第25週と言うと、5月の末から6月に切り替わる週となります。具体的には5月31日から6月3日までに行われるIT見本市Computex 2017にX299チッププラットフォームを出品するようで、8月に行われるGamescomからの前倒しとなるようです。

これは公式発表では無く中国メディアBenchlife.infoからのリーク情報ですが、Wccftechによるとこの情報元はIntel製品のリーク情報の信頼性に定評があるようです。

HEDTでIntelとAMDがぶつかる

今年はハイエンド。デスクトップ向けの製品においてもIntelの製品とAMDの製品が競合することとなります。両者32コアのサーバー製品作る技術力があるだけに、その技術力がデスクトップ市場に降りて来るのは楽しみですね。

関連記事

Ryzenの本当のハイエンドは16コア/32スレッド 4チャネルメモリ

Intelの次世代のサーバー向け32コアCPUの性能がリーク

規模で圧倒するNaples、競合のXeon E5 2699A V4と比べメモリ帯域122%、PCIe 60%、コア数45%上回る

ソース

https://benchlife.info/intel-x299-platform-might-launch-at-computex-04092017/

http://wccftech.com/intel-basin-falls-x299-hedt-platform/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)