Celeron N3450とCeleron N3350がそこそこ動きそう

低スペックの代名詞的CPU Celeron N3150

3万円台のノートPCを買う時によく目にするのがCeleron N3150などのCeleron Nシリーズ・プロセッサです。Celeron N3150は紛れもなく性能の低いCPUです。最近のCeleronは侮れない、ゲームをしないならCeleronで十分などと言われることがありますが、恐らくデスクトップPCを想定した話でしょう。ノートPCやウルトラブックについて言える話では有りません、でした。

なぜCeleron N3150は動きが鈍いのか

ではCeleron N3150の動きはなぜ遅いのでしょうか。性能の指標として、様々なCPU上で同じソフトを動かして性能を評価するベンチマークと呼ばれるものがあります。ベンチマークソフトの種類は測りたい性能などによって多岐に渡りますが、総合的な性能を測るべく開発されたベンチマークの中には結果をオンラインで集計しているものがあります。Passmarkソフトウエアが開発する総合ベンチマークCPU Markは市場に出回る殆どのCPUでベンチマークが取られており、PassmarkのWebサイト上に掲載されています。

https://www.cpubenchmark.net/

Celeron N3150のスコアは以下の通りです。

このスコアはCore2 Duo E7200などと近いです。

スコアではCeleron N3150が僅かに勝っていますが、ここに1つ落とし穴があります。スコアの下に書いてある小さな数字に注目しましょう。

  • Celeron N3150
    Single Thread Rating : 471

  • Core2 Duo E7200
    Single Thread Rating : 1051

この数字は、ソフトウエアが認識する実行単位であるスレッドが1つの場合のスコアを表しています。ソフトウエアの中には2つ以上のスレッドを上手く使うことが出来ないものがあり、この性能値によって動作が制限される可能性があります。このスコアが半分なので、Celeron N3150はソフトウエアによっては倍以上遅くなる可能性があります。

471と言う数字は全体の足を引っ張りかねないほど低い数値です。近年複数のスレッドを使いこなすソフトウエアは増えて来ましたが、ここまで低いと大きなネックです。

Celeron N3450のCPU Mark

Celeron N3450のCPU Markの結果は以下のようになっています。

Celeron N3150に比べてシングルスレッドスコアが大幅に改善されたことが分かります。具体的には732/471=1.6072…で60.7%の改善です。シングルスレッド性能の低さによって動作が遅くなっていたのだとしたらCeleron N3450で大幅に速くなるかも知れません。

TDP65WのCore2 Duo E4400とTDP6WのCeleron N3450, Celeron N3350

Celeron N3450のシングルスレッドのスコアはCore2で言うとCore2 Duo E4400に相当します。10年近く前のローエンドモデルですが、性能から言うと現在も事務機として現役である可能性のあるCPUです。マルチスレッドで大幅に上回っている他、その他の機能も強化されていているので、少なくともCore2 Duo E4400よりは上の性能だと言えそうです。

また、Celeron N3450から更にコア数を減らしているCeleron N3350のスコアはCore2 Duo E4400とほぼ同等です。

  • Celeron N3350
    • Average CPU Mark : 1144
    • Single Thread Rating : 781

Core2 Duo E4400のTDP(熱設計電力)は65Wで、Celeron N3450とCeleron N3350のTDPは4Wです。ウルトラブックなどの超小型PCの場合、小型化やバッテリーでの駆動時間の向上などのために、とてつもなく小さなTDPが要求されます。Celeron NシリーズのTDPは最小クラスとなっていて、TDPだけを見るとウルトラブックに向いているCPUであると言えます。

ローエンドノートPCに採用されるCeleronの性能が伸び、CPU Markでは通常のスコアもシングルスレッドのスコアもCore2 Duo E4400並かそれ以上となりました。Core2 Duo E4400並の性能でバッテリーがそこそこ持って安価なノートPC、場合によっては選択肢に入ってくるものとなったのでは無いでしょうか。

関連記事

ASUSの新しいChromebookの情報がリーク、Core m3とUSB-C搭載でより本格的な用途までカバー

Samsungから解像度2400×1600でARMプロセッサ搭載のChromebook Plusが登場。

ソース

https://www.cpubenchmark.net/

https://ark.intel.com/ja/products/95596/Intel-Celeron-Processor-N3450-2M-Cache-up-to-2_2-GHz

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)