Intel Xeon E3-1200 v6シリーズが発売、クロックとTDPが僅かに改善

Intel Xeon E3-1200 v6シリーズが発売

開発コード名Kaby LakeのIntel Xeon E3-1200 v6シリーズが発売されました。Core iシリーズと同じくクロックが改善しています。またTDPも1割程度下がるようです。

CシリーズのチップセットにはKaby Lake向けの新製品は登場しないようです。Intel Xeon E3-1200 v6は旧世代のC236やC232のチップセットを搭載したマザーボードで動くようです。

  • ベースクロック(GHz)/ブーストクロック(GHz)/TDPの比較
モデル名 v5 v6
E3-1220 3.0 / 3.5 / 80W 3.0 / 3.3 / 72W
E3-1225 3.3 / 3.7 / 80W 3.3 / 3.7 / 73W
E3-1230 3.4 / 3.8 / 80W 3.5 / 3.9 / 72W
E3-1240 3.5 / 3.9 / 80W 3.7 / 4.1 / 72W
E3-1245 3.5 / 3.9 / 80W 3.7 / 4.1 / 73W
E3-1270 3.6 / 4.0 / 80W 3.8 / 4.2 / 72W
E3-1275 3.6 / 4.0 / 80W 3.8 / 4.2 / 73W
E3-1280 3.7 / 4.0 / 80W 3.9 / 4.2 / 72W

関連記事

IntelがWebホスティングなどに向けたチップを拡充、オンボードCPUをルーツに持つAtom C3000シリーズと、メインストリーム向けCPUをルーツに持つXeon D1500シリーズ

規模で圧倒するNaples、競合のXeon E5 2699A V4と比べメモリ帯域122%、PCIe 60%、コア数45%上回る

ソース

http://www.anandtech.com/show/11232/intel-launches-xeon-e3-1200-v6-family

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)