ゲーミングの隠れた本命、Core i3 7350K 4.2GHzがRyzenに先立って登場

Core i3 7350K

Core i3 7350Kが発売されるようです。ツクモeX.パソコン館が予約受け付けを開始していて、価格は税込23,955円のようです。Ryzen発売直前での美味しいモデルの登場となります。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1042827.html

2コアモデルの中では最上位モデル

Core i3 7350Kは恐らくKabylakeの2コアモデルの中で最上位となるCPUです。ベースクロック4.2GHzでオーバークロックに対応するKモデルであるこのプロセッサは、マルチスレッドでのパフォーマンスを必要としないPCを組む際の最有力候補となるでしょう。参考までに、Core i3 7300 4.0GHzとCore i7 7700K 4.2GHzの現在の平均PassmarkスコアとTDPは以下のようになっています。

  • Core i3 7300 4.0GHz
    • シングル 2315
    • (マルチ 6314)
    • サンプル数 2
    • TDP 51W
  • Core i7 7700K 4.2GHz
    • シングル 2594
    • (マルチ 12280)
    • サンプル数 282
    • TDP 95W

Core i3 7350Kの方がクロックが5%高いのでその分を加算すると、ベースクロックでのPasmarkベンチにおけるシングルスレッドパフォーマンスの目安は「2431」となります。Core i7 7700Kと比べるとやや劣りますが、熱の発生が控えめな分オーバークロックのハードルも下がりますし、価格が控えめな分他のパーツに振ることも出来ます。ゲーミング用のCPUの大本命と言っても過言では無いのでは無いでしょうか。

関連記事

Ryzenの後に続く14nm FinFETのZenベースAPUにフォーカス

Core i7 7000シリーズのスペックがリークされた、2017年はZenとCoreの一騎討ちが拝めそうだ

デスクトップ版AMD Zenの性能はIntel i7 6900Kと競合するレベルらしい。

ソース

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1042827.html

http://www.cpubenchmark.net/

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)