IBMのクラウド・コンピューティング・サービスBluemixにNVIDIAのTesla P100が導入

IBMのクラウドBluemixにNVIDIAのTesla P100が導入

IBMのクラウド・コンピューティング・サービス「Bluemix」にNVIDIAのGPGPU向けフラッグシップGPU「Tesla P100」が導入されました。ワークロードをより高速化するベアメタル・サーバーと言う形式で提供されるようです。

Googleを追う形

Googleは既にTesla P100の導入を進めており、昨年の11月15日にその他のGPUの導入と併せてアナウンスしています。IBMはGoogleのクラウド・コンピューティング・サービス「Google Cloud Platform」を追う形となるでしょう。

最速GPU NVIDIA Tesla P100

NVIDIA Tesla P100は64bit演算において4.7TFLOPSを誇る、GPGPU向けのNVIDIA Teslaシリーズの中でも現行では最速のGPUです。また、16bit演算においては4.7TFLOPSの4倍の演算速度になるなど、低精度演算も強力であるという特徴も持ちます。NVIDIAはこれらの特徴から近年研究が進んでいるディープラーニングと相性が良いと主張しています。

関連記事

IBMがサーバーレスプラットフォーム「OpenWhisk」を発表、AWSのLambdaに対抗出来るか

Googleが自社のディープラーニング向けクラウドサーバーにAMD FirePro S9300x2の導入を発表、Googleは先を読む

ソース

https://techcrunch.com/2017/04/05/ibms-cloud-adds-support-for-nvidias-fastest-gpus-yet/

https://cloudplatform.googleblog.com/2016/11/announcing-GPUs-for-Google-Cloud-Platform.html

http://www.nvidia.co.jp/object/tesla-p100-jp.html

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)