イタリアEurotechがフラッグシップHPCシステム「Aurora Tigon v4」を発表、第二世代Intel Xeon Phiを搭載

ラック当たり理論演算性能1PFLOPS超えが可能な高性能

イタリアEurotechがフラッグシップとなるハイブリッドHPCシステム「Aurora Tigon v4」を発表しました。18のブレードが1つのシャーシに入り、16のシャーシが1つのラックに入ります。ローカルストレージはmSATAとNVMeから、ブレードは以下の構成から選択可能なようです。

  • CPUブレード
    Intel Xeon E5-26xx v4 x2
    4チャネル/256GB メモリー

  • MANYCORE CPUブレード
    Intel Xeon Phi 72xx x1
    6チャネル/192GB メモリー

  • ACCELERATEDブレード(隣接する2ブレード)
    Intel Xeon E5-26xx v4 x2 +
    NVIDIA Tesla K20/K40/K80 x2 or
    Intel Xeon Phi 72xx x2

ラック当たり1PFLOPSを超えることが可能なHPCシステムとなっているようです。

PUE1.05

総消費電力をIT機器が消費した電力で割った、冷却にかかる電力の指標がPUEです。Aurora Tigon v4は「2nd Gen Aurora Direct Hot Water Cooling」という温水冷却技術を用いることにより、データセンターのPUEを1.05にまで抑えることが可能なようです。IT機器が消費した電力の20分の1しか電力を消費しない計算となります。7GFLOPS/Wを超える驚異的な電力効率を発揮することができ、消費電力を最大50%低減出来るとされています。

関連記事

イギリスがHPCセンターを6箇所新設、計2000万ポンド(≒27.6億円)の出資

中国の膨大な内需で成長しているHPCシステムベンダー「Sugon」

ソース

http://www.eurotech.com/en/hpc/Aurora%20Tigon%20v4

http://www.eurotech.com/en/press+room/news/?807&Eurotech+Continues+to+Lead+Innovation+in+Embedded+and+High-Performance+Computing%3a+New+Designs+Featuring+2nd+Generation+Intel+Xeon+Phi+and+Intel+Atom+E39XX+

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)