SamsungのExynos 9810の公式アナウンス、最高2.9GHzで動きシングル・スレッド性能が2倍に

SamsungのExynos 9810が公式アナウンスされる

Samsung Exynos 9810がアナウンスされました。ハイ・パフォーマンス寄りにチューニングされたクラスタにはSamsungの第三世代のカスタム・コアであるM3が4コア使用されていて、そのクロックは最高で2.9GHzに達します。これによりExynos 9810のシングル・コア性能は前世代の2倍となったようです。高効率寄りにチューニングされたクラスタにはCortex A53が4コア使用されて、こちらは最高1.9GHzで駆動するようです。マルチ・コア性能は40%伸びたようです。

  • Exynos M3 x4 2.9GHz
  • Cortex A53 x4 1.9GHz
  • シングル・コア x2
  • マルチ・コア x1.4

第二世代の10nm LPPプロセスで製造

Exynos 9810は第二世代の10nm LPPプロセスで製造されているようです。このプロセスは第一世代の10nm LPEプロセスをベースとしていて初期歩留まりが良く、最大で10%高い性能か、15%低い電力で提供可能なようです。Exynos 9810はこれを遥かに上回るパフォーマンスの向上を達成しています。独自のカスタム・コアであるM3に磨きがかかったのでしょうか

関連記事

Samsungが第二世代10nm FinFETプロセス「10LPP」での量産を開始

ソース

https://www.samsungfoundry.com/foundry/homepage/anonymous/homPressView.do?_mainLayOut=homepageLayout&menuIndex=0501&pressId=144

Cat.18/13 LTEに対応、DL最大1.2Gbps、UL最大200Mbps

Exynos 9810には業界をリードする水準のLTEが備わっているようです。DLは20Mhz x6キャリア・アグリゲーション(CA)に対応し、最大1.2Gbpsのダウンリンクを達成しています。アップリンクは最大200Mbpsとなるようです。様々なテクノロジーに対応しています。

  • DL/UL 1.2Gbps(Cat.18)/200Mbps(Cat.13)
  • 20Mhz x6 CA(DL)
  • QAM 256
  • 4×4 MIMO
  • eLAA

4K 120fpsビデオ録画、再生、10億7000万色に対応

Exynos 9810はGPUにMali G72 MP18を採用していて、UHD(4K)の120fpsでのビデオ録画や再生に対応するようです。また、10-bit HEVCやVP9などのコーデックに対応することにより10億7000万色に対応します。RGBについてそれぞれ2bitずつ増えるため、色の数は8bitの場合の64倍となっています。

関連記事

Samsungが第二世代の10nmクラスのDRAMの量産を開始したと発表

SamsungよりExynos 8895がアナウンスされる、独自設計のM2 4コアとCortex A53 4コア、GPUにMali G71 “MP20”

Snapdragon 845のスペックシートがリーク

ソース

https://news.samsung.com/global/samsung-optimizes-premium-exynos-9-series-9810-for-ai-applications-and-richer-multimedia-content

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)