Cavium Thunder X2を搭載するモデルをラインナップするPenguin ComputingのTundra ESシリーズ

Penguin ComputingがCavium Thunder X2を搭載する製品を発表

HPCシステムの大手ベンダーPenguin ComputingがARMv8ベースのCavium Thunder X2を搭載する製品を発表し、オーダー受け付けを開始したようです。その製品はPenguin ComputingのTundra ESシリーズにラインナップされるようです。標準的な19インチ・ラック・マウント製品は2017年Q3にから発売されるようです。

Penguin Computingはワークロード向けにカスタマイズされたHPCシステムを受注生産する企業として知られています。TOP500にランクインするクラスのスーパーコンピューターや、スケールアウト・サーバー・ファームなどを含む何千のデータセンター開発で実績があります。Penguin ComputingによるARMv8 SoCの採用は、ARMアーキテクチャの大きな実績とも言えそうです。

関連記事

台湾InventecがARM64 CPU, Cavium Thunder X2を採用したサーバー・プラットフォーム「Baymax」を発表

ScalewayがARMv8ベースのサーバーの価格を引き下げ

Crayと英ブリンストン大学が手掛けるARMベースのスーパーコンピューター「Isambard」が公開

HPEのThe Machineはメモリを中心にコンピューティングを再構築する

ソース

http://www.penguincomputing.com/solutions/tundra-extreme-scale-hpc/

http://www.penguincomputing.com/company/press-releases/tundra-open-compute-servers-feature-cavium-thunderx2-processors/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)