ARMとHOPU-ARMイノベーション・ファンドが中国、深センで合弁事業を立ち上げ

HOPU-ARMイノベーション・ファンド

HOPU-ARMイノベーション・ファンドはARM及び、HOPUファンドを含む以下の中国企業からなる基金で、2017年1月24日に正式に開始されました。ファンド規模は8億ドルでARM、HOPUらに管理されています。

  • HOPU Fund
  • China Investment Corporation
  • Silk Road Fund
  • Temasek
  • Shenzhen Shum Yip Group

ARMとHOPU-ARMイノベーション・ファンドが深センで合弁事業を立ち上げ

英ARMと中国HOPU-ARMイノベーション・ファンドは、深センに合弁事業を設立し、それを中国の集積回路コアの知的財産開発およびサービスプラットフォームを支える重要な会社に発展させることを目指す協力覚書を北京にて締結しました。

このコラボレーションによって中国のARMアーキテクチャのエコシステムにどのような影響があるのでしょうか。注目すべき動きだと言えそうです。

関連記事

第六回RISC-Vワークショップが上海で開かれた

96BoardsがHiKey 960を発売、Kirin 960を搭載したARM シングル・ボード・コンピューター

ARM DynamIQが始動

ソース

https://www.chinatechnews.com/2017/05/23/25064-arm-to-set-up-jv-in-china

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)