QualcommからBlackBerryへ8億1490万ドルのロイヤリティが払い戻されることが決定

Qualcommとの法的な争いに結果、8億1490万ドルのロイヤリティを取り戻したBlackBerry

BlackBerryは独自OSを搭載するスマートフォンを製造販売する企業です。Qualcommの製造するスマートフォン向けSoC「Snapdragon」シリーズを搭載するモデルを製造しており、Qualcommにロイヤリティを支払っていました。

BrackBerryはスマートフォン市場において業績が奮わず、昨年スマートフォンの製造を取りやめてしまいましたが、支払ったロイヤリティの一部に関して払い戻すようQualcommに仲裁を申し出て居ました。

Qualcomm側の代理人はこの申し出を認めているようで、Qualcommが8億1490万ドルをBlackBerryに支払うことが決定したようです。Qualcommはこれを不服としてるようですが、この決定には法的拘束力があるようです。

法的な問題を抱えるQualcomm

Qualcommは自身の持つ特許について法的な問題を抱えています。特許に関して複数の異なるレギュレーションを規定し、マーケットシェアの確保に利用すると言う公正でない取引が問題視されているのです。

Qualcommはこれまで、KFTC(韓国公正取引委員会)から8億5000万ドルを超える罰金を、中国政府から9億7500万ドルの罰金を命じられていて、欧州委員会から反トラスト法に関して調査を受けています。また、アメリカの取引委員会からの調査も受けているようです。

関連記事

Qualcommの抱える法的問題に、アメリカの取引委員会が動く

Qualcommが韓国公正取引委員会から8億6500万ドルの罰金命じられていたことが判明

ソース

http://www.tomshardware.com/news/qualcomm-refund-blackberry-815-million,34125.html

http://www.anandtech.com/show/11049/us-ftc-qualcomm-antitrust-charges

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)