SamsungのExynos 9810は独自設計のハイパフォーマンスコアと18-20コア構成のMali G71を搭載か

Samsung Exynos 9810の情報がリーク

10nmで製造されるSamsungの次世代のフラッグシップチップと見られるExynos 9810の情報が韓国のメディアからリークされました。独自設計のハイパフォーマンスコアMongoose M2 4コアとARMの設計するCortexシリーズの高効率コアCortex A53を4コア搭載するようです。

また、GPUの性能は凄まじいものになるようです。Exynos 9810にはARMの設計する次世代GPU「Mali G71」が搭載されるようなのですが、このGPUはGeforce 940Mとの比較し競争力があると主張されているGPUです。

比較には16コア構成のMali G71が使用されましたが、Exynos 9810に搭載されるものは18-20コア構成となるようです。ラップトップ以上のグラフィックス能力を持つGPUがスマートフォンなどに搭載されます。

  • 製造プロセス 10nm

  • CPU Mongoose M2 x4 Cortex A53 x4

  • GPU Mali G71 (x18-20) 550MHz

関連記事

Snapdragon 835は省電力、省スペース志向となるらしい

HuaweiがMate 9をローンチ搭載プロセッサKirin 960はCortex A73とMali G71のARMの最強タッグ

MediatekがHelio P20の強化版Helio P25を発表。デュアルカメラ対応。

SK HynixがLPDDR4X 8GBモジュールを発表、わずか0.6Vで駆動する省電力規格LPDDR4X

ソース

http://wccftech.com/samsung-exynos-9810-specifications-rumor/

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/759849.html

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)