第二世代Ryzenは2018年Q1の終わり頃発売

第二世代Ryzenは2018年Q1の終わり頃発売

AMDが発表した最新のロードマップによると、第二世代Ryzenは2018年Q1の終わりに発売されるようです。2018年のQ1にはモバイル版のRyzen 3 APUの発売も予定されています。また、同じく2018年の始めにモバイル版のRyzen PRO APUも発売されるようです。来年の始めに、AMDの製品が数多くリリースされます。

第二世代RyzenはZen2では無い

第二世代Ryzenには、Zen2ではなくZen+と呼ばれるアーキテクチャが採用されているようです。Zen+アーキテクチャについて詳しいことは分かっていませんが、新しいRyzenシリーズは最新の12nmプロセスを採用した製品なので、より高い電力効率やより高いクロックが期待されます。Globalfoundriesの主張を元にしたWccftechの予想によると、クロックはハイエンド製品で4.2GHzから4.4GHzとなるようです。

マザーボードの互換性

BIOSアップデートによって、既存のマザーボードに第二世代Ryzenを載せることが可能なようです。第二世代Ryzenと同時に400シリーズのX470やB450チップセットがリリースされるようですが、既存の300シリーズのチップセットを搭載するマザーボードも継続して使用出来ます。X470やB450がどのようなスペックかも気になるところですが、ひとまず嬉しいニュースだと言えるでしょう。

関連記事

Ryzen Mobileの優れた省電力性

AMDが32コアの最上位モデルEPYC 7601を始めとするサーバー向け製品群EPYC 7000シリーズのラインナップを公開

ソース

https://wccftech.com/amd-ryzen-2-set-march-2018-launch-12nm-support-higher-core-memory-clock-speeds/

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)