モバイルAPU、Ryzen 5 2500Uのベンチマークがリーク

Ryzen 5 2500UのGeekbenchがリーク

TDP15Wでウルトラブックや2-in-1デバイスなどに搭載されるとみられるAPU「Ryzen 5 2500U」のGeekbench 4のスコアがリークしました。シングルコア・スコアで3625、マルチコア・スコアで9723をマークしています。

https://browser.geekbench.com/v4/cpu/3989386

環境は以下の通りです。

  • System Information: AMD Mandolin
Feature Discription
Operating System Microsoft Windows 10 Pro (64-bit)
Model AMD Mandolin
Processor AMD Ryzen 5 2500U with Radeon Vega Graphics @ 2.00 GHz
1 processor, 4 cores, 8 threads
Processor ID AuthenticAMD Family 23 Model 17 Stepping 0
Processor Codename Raven Ridge
Processor Package
L1 Instruction Cache 32 KB x 4
L1 Data Cache 64 KB x 4
L2 Cache 512 KB x 4
L3 Cache 4096 KB
Motherboard AMD Mandolin
Northbridge AMD Ryzen SOC 00
Southbridge AMD Carrizo FCH 51
BIOS Insyde Corp. 1000EPreS3046_P08226
Memory 7848 MB 300MHz

Core i7 7500Uにマルチスレッド性能で勝利

Geekbench Browserに登録されているベンチマーク・スコアのうち、TDP15W製品のCore i7 7500Uを搭載しOSとしてWindowsを採用するシステムで、マルチコア・スコアで最高スコアを叩き出しているのは以下のベンチマークです。

https://browser.geekbench.com/v4/cpu/3303376

シングルコア・スコア4477、マルチコア・スコア8952となっていて、Ryzen 5 2500Uを採用するシステムのマルチコア・スコア9723はCore i7 7500Uを採用するシステムのマルチコア・スコア8952を既に8.6%上回っていることが分かります。

Geekbenchのスコアは同じCPUを採用するシステムの間でも大きく上下するので、CPU単体の性能を評価するのに向いているとは言えないことには留意が必要ですが、4コアを搭載するRyzen 5 2500Uはやはりマルチスレッド性能が高いと言えるでしょう。

TDP15Wの常識が変わる世代

IntelのTDP15WのモバイルPC向けのUシリーズCPUは従来2コアでしたが、第八世代にて4コア製品がラインナップされました。

Ryzen 5 2500Uは4コアを搭載し、また、まだ見ぬモバイル版のRyzen 7も4コアを搭載するでしょう。TDP15W CPU、そしてそれを搭載するモバイルPCの常識は大きく変わると見られます。

関連記事

Coffee LakeのUシリーズは4コアCPU「Core i7 8550U」の情報がリーク

第八世代のCore i5 8250Uで重くなるAcer SHIFT3の14インチモデル

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)