nVidiaとAMDのGPGPUの方向性の違い

両者GPUをグラフィックス以外の用途に使うことに積極的

AMDはGCNアーキテクチャなどで汎用演算能力を謳っていますしメモリ空間をCPUと共有するhUMAやCPUとGPUを同列に扱うHSA1.0などに積極的に対応するなど、GPGPUに関して熱い動きを見せています。nVidiaは今更言うまでも無いですがCUDAが凄いです。HPC用途にコプロセッサを買うなら確実にnVidiaになるでしょう。

AMDはHPCよりむしろパソコンの性能向上を目指している

GPGPU = HPCとなりがちですが、AMDにはGPUをより広範な演算に使おうと言う試みがあるように見えます。近年のプロセッサは普通、x86命令を内部で実行可能な中間命令に変換するということしていますが、AMDはこの内部の実行命令に一部GPUを使いたいみたいです。そうなるとGPUとCPUはもはや別個のものでは無くなります。普通にx86命令を処理するのですからGPUはCPUの回路の一部分です。こういった意味でAMDは近年APUについてコンピュート・コアという表現を多用しています。既にAMDはCPUとGPUを分けて考えていないわけです。

AMDは最近CPUのシリーズをAPUに一本化しました。開発資源を集中し、競争力を上げるためです。またGlobal Foundriesに大量に出資するなどプロセスルールの微細化による性能の底上げの動きも見られます。Zenは調子が良いらしく、かなり売れる見込みなので、今後益々プロセッサ業界で競争力を上げていくでしょう。

nVidiaはCUDAでHPCをリードする

nVidiaとAMDではGPGPUについては土俵が完全に違うと言ってよいです。CUDAのような専用APIでのHPCへの対応をAMDはしていませんし、nVidiaはCPUとの連携についてはIBMのPowerがNVlinkに対応しているくらいで一般人が恩恵を受けられるものではありません。

nVidiaのCUDAがHPCをリードしていることに異論がある人は居ないでしょう。HPC用コプロセッサでは、IntelのXeon Phi、ARMのメニーコアコプロセッサボードなどは競合となってくるでしょうが、今のところ敵は居ないです。圧倒的なシェアを誇っています。さらにIBMがNVlinkに対応したプロセッサを出したことにより、その盤石な体制はより強固なものになったと見て良いです。

Tesla P100は単精度で倍精度の倍、半精度で倍精度の4倍の演算能力があり、任意の精度で効率良く実行出来ると言う意味で汎用性も高いと言えます。

GPGPUと一口に言っても方向性が真逆

AMDのGPGPUは一般人向けです。私達が享受できるPC体験の向上を目指すものです。反対にnVidiaのGPGPUは企業や国などに向けたものです。HPCの未来を切り開くためにGPGPU関係の開発をしています。両者の違いをきちんと理解してプロセッサを買いましょう。

関連記事

IBMはnVidiaと協調してディープラーニーング向けコンピューター市場を狙う、NVlinkでnVidiaのGPUと繋がるPower8搭載サーバー登場

中国のPhytium Technologyの64コアARMベースサーバー向けCPU「FT-2000/64」を発表。中国は革新的な企業だらけだ

AMD Zenは成功するのか、AMDは今後Intelと戦えるまでに復活するのか

One comment

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)