Enhanced Sync、AMDが新たなディスプレイ垂直同期機能が発表される

AMDがVSyncに代わる新たなディスプレイ垂直同期機能「Enhanced Sync」を発表

AMDが新たなディスプレイ垂直同期機能Enhanced Syncを発表したようです。この機能によって高いリフレッシュレートで動作している場合でも、1つの画面に複数のフレームが描画され歪みやちらつきが起こるティアリングと呼ばれる減少を最小限に抑えられ、またレイテンシは低くなります。

AMDは、これまでディスプレイ垂直同期機能としてVSyncという技術を採用していましたが、Enhanced Syncは高いリフレッシュレート時でVSyncよりもレイテンシが低いなど、より優れた機能のようです。

AMDのEnhanced SyncはNVIDIAのFast Syncの対抗馬だと言えます。絶対性能の向上が著しい近年のグラフィックボードは、より高いゲーミング体験を提供すべく競争的に進化しているようです。

Enhanced SyncはFree Syncとは違ったカテゴリの技術

Enhanced Syncとだけ聞くと、AMDのFree Syncの後継技術のようにも聞こえますが、Enhanced SyncはモニタがFree Syncに対応しているかどうかに関わらず機能するようです。

関連記事

Radeon RX Vegaは少なくとも3種類存在、Vega XTX、Vega XT、Vega XL

DirectX 12のサポートが遥かに改善したと見られるAMDのRadeon RX Vega

SamsungがAMD Freesync 2に対応するモニタを3種発表

ソース

http://www.tomshardware.com/news/amd-enhanced-sync-framrate-synchronization,35087.html

Add a Comment

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)